40歳を過ぎたプロ独身男のド定番が人生を豊かにする!

独身男のド定番

後悔しない生き方の手順!人生は短いから後悔してる暇はありません!

   

後悔しない人生の男性

人生は、思っているより短く、実際に自分も、気がついたときには、もう40歳を過ぎていました。

このままでは、あっと言う間に老後を迎えてしまい、やりたいことができず、後悔してしまうかも。

そこで今回は、後悔しない生き方の手順をご紹介するので、やりたいことがあったら、すぐに始めてください。

特に、40歳を過ぎると、時間の進み方が、とても早く感じるので、のんびりしていたら、本当にヤバいですよ。

人生は、一度しかないから、やりたいことを、1つでも多くやれるように、後悔しない生き方をしましょう。

人生は自分が思うほど長くはありません!

自分が、まだ20代だった頃は、時間が過ぎるのが長く感じて、あり余るほど、あったような気がしていました。

でも、40代が近づくにつれて、信じられないスピードで、時間が進むようになり、ときどき怖く感じます。

このままのスピードだと、60歳があっと言う間に、訪れるかもしれず、人生は思ったほど、長くないみたい。

まだ若い人も、のんびりしていたら、おじいちゃんになるので、そのとき人生を後悔しても遅いですよ。

まず、人生を後悔しないためには、時間は永遠ではなく、40代が近づくにつれて、早く進むと理解してください。

キシ
本当に、1年が早く感じます。のんびりしていたら、たくさん後悔が、増えちゃいそうです。

後悔しないために必要な物!

後悔しない人生を過ごすには、3つほど必要な物があり、できるだけすべてを、揃えられるようにしてください。

特に、1つ目と2つ目は、絶対に必要は物だから、この2つが問題ない場合、次の手順に進みましょう。

ちなみに、3つ目は奥さんが、ベストなんだろうけど、独身の場合は、友達でも大丈夫かな。

できるだけお金は貯めること

なんだかんだ言っても、やはりお金は必要なので、後悔しない生き方をするには、できるだけ多くお金を貯めましょう。特に、やりたいことで、お金が掛かりそうな人は。

健康管理には気をつけること

お金があっても、健康でなければ、やりたいこともやれないし、最悪の場合、早く死ぬこともあるから、健康管理は重要です。やはり、生きるには、体が資本ですからね。

応援してくれる人を見つけること

最後は、できればあった方が良い物と言うか人で、後悔しない生き方を、応援してくれる人を、ぜひ見つけてください。できれば、家族が一番だけど、独身の場合は友達かな。

キシ
とりあえず、お金を貯めること、健康でいること、この2つはマストです。

挑戦したいことを箇条書きにする!

ノートとペン

まず始めに、自分が挑戦したいことを、具体的にノートなどへ、箇条書きすることから、後悔をしない生き方をスタート。

具体的に書くことによって、自分はどんなことを挑戦したのか、実際に見えて来るはずなので、たくさん書きましょう。

ここでは、実現するのが無理そうなことでも、全く気にしなくて良いから、とにかく挑戦したいことを、書けば大丈夫。

好奇心が旺盛な人は、たくさん挑戦したいことが出て来そうなので、1カ月くらい時間を掛けて、じっくり考えてください。

キシ
後悔しないためには、やりたいと思ったことを、すべてノートに書いてください。

実現が可能は不可能かに選別する!

上記の方法でやりたいことを、たくさん過剰書きにしたら、今度は実現が可能は不可能か、それぞれ分けること。

この段階で、実現が不可能と感じたことは、「時すでに遅し」だと思うので、今生ではキレイさっぱり、諦めてください。

もし、宇宙旅行や政治家になるなど、限りなく不可能なことに、挑戦してしまった場合、これはただの時間の浪費です。

不可能なことに、挑戦し続けると、大切な時間を浪費した結果、実現が可能だったことまで、不可能になるでしょう。

逆に、どんな些細なことでも、実現が可能であれば、実際に挑戦することで、後悔しない生き方が、きっとできますよ。

キシ
人生は短いので、限りなく不可能なことに、挑戦している時間は、ありませんよ。

できることに優先順位をつける!

実現が可能は不可能か、それぞれ分けたら、不可能なことは諦めて、実現が可能なことに、優先順位をつけてください。

一番に挑戦したいことを、諦めてしまったら、絶対に人生を後悔するので、優先順位をつければ、そんな心配は無用です。

ただし、挑戦したいことには、達成するまで掛かる時間が、それぞれあるから、そこも付け加えて、優先順位を考えましょう。

時間が掛かることは、優先順位が低くても、早いうちからスタートしないと、達成できないかもしれませんからね。

キシ
優先順位と掛かる時間、この2つのバランスを取ることが、重要なのではないでしょうか。

あとは挑戦したいことに邁進しよう!

サラリーマン

優先順位をつけたら、挑戦したいことに邁進すれば、きっと後悔しない生き方が、どんな人にもできるはず。

ただし、前にも書いた通り、人生は自分が思うほど、長くはないので、一定の時間を区切ることも必要。

実現が可能だと思って、挑戦したは良いけど、実は限りなく不可能に近かったことも、何個が出て来ます。

そんなとき、ダラダラと挑戦することは、大切な時間を浪費してしまうので、挑戦する期限を定めてください。

定められた期限内に、挑戦したことが達成できなかったら、キッパリ諦めて、次のことに挑戦しましょう。

キシ
挑戦したことが、たくさんある人ほど、期限を定めないと、貴重な時間が減りますよ。

挑戦せず後悔するのは絶対に止めよう!

挑戦したいことが決まって、実際に行動した際、もしかしたら、失敗してしまい、後悔をするかもしれません。

でも、挑戦せずに後悔するよりも、挑戦して後悔した方が、人生は楽しいと、自分は思っています。

もし、挑戦したいことを我慢した場合、永遠に結果が分からぬままで、悔しい気持ちが、ずっと消えないはず。

そんな思いでいるくらいなら、失敗するかもしれないけど、実際に挑戦した方が、後悔はしないでしょう。

たった一度の人生なので、今生で挑戦しないと、永遠にできないままだから、失敗を恐れず、挑戦してください。

キシ
「あとのきああすれば」と言う気持ちは、永遠に消えないので、恐れず挑戦しましょう。

既婚者より独身者の方が後悔しない?

挑戦したいことが、大きければ大きいほど、時間もお金も掛かるので、所帯持ちの場合、大変かもしれません。

家族から応援がある代わりに、その家族を養う必要もあるので、背負う物が重すぎてしまい、挫折することもあるでしょう。

これが独身の場合、養う人もおらず、背負う物が軽い分だけ、挑戦したいことに、没頭できるはずです。

応援してくれる人だって、友達や親や兄弟姉妹がいれば、それが励みになって、頑張れるだろうから、問題ないのでは。

失敗しても、被害は自分だけで済み、家族に迷惑が掛からないから、後悔しない生き方は、独身に向いているのかも。

キシ
ただし、個人的には夫婦で、後悔しない生き方をするのが、ベストのような気もしますけど。

まとめ

たった一度の人生だから、後悔する回数は少ない方が良いので、同じ気持ちの方は、ぜひご紹介した手順をマネしてください。

特に独身の場合は、家族がいない分だけ身軽だから、後悔しない人生を歩める可能性が、既婚者より高いと思います。

ただし、結婚することが、後悔しないために必要だった場合は、まず結婚相談所へ登録するところから、挑戦するべきかも。

必ずしも、後悔しないために挑戦したことが、成功するとは限りませんが、挑戦しないで後悔するよりは、遥かにマシです。

人生が終わろうとするとき、「あのときああすれば」なんて、言い訳をしないためにも、後悔しない生き方をしましょう。

キシ
人生は短いので、思い立ったが吉日だから、後悔しない生き方を、すぐに始めてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 - 独身スタイル