40歳を過ぎた独身男のド定番が人生を豊かにする!

独身男のド定番

村上春樹ファンなのに長編小説「騎士団長殺し」を読まない3つの理由!

      2017/02/24

村上春樹の新作小説

みなさんは、ノーベル文学賞の最も近い日本人と言われている村上春樹さんの小説を読みますか?

2月に発売される久しぶりの長編小説「騎士団長殺し」を、村上春樹さんのファンやハルキストの人たちは、発売日に買ってすぐに読むでしょうね。

自分も、村上春樹さんの長編小説をすべて読んでいるファンの一人ですが、今回の新作「騎士団長殺し」を発売日に買う予定はありません。

久しぶりの新作なので、ワクワクしている部分あるけど、今は全く読みたいとは思わないからです。

村上春樹さんファンの人やハルキストの人には申し訳ないけど、自分はこんな理由から新作長編小説「騎士団長殺し」を読まないことに決めました。

自分はこれくらい村上春樹小説のファンです!

自分が村上春樹さんの小説を読むようになったのは「スプートニクの恋人」からで、テレビで特集されていたのを見て、「そろそろ村上春樹を読んでみるか」と思ったのがきっかけ。

当時の村上春樹さんの小説と言えば誰でも知っている「ノルウェイの森」だったけど、へそ曲がりの自分は流行していると言う理由だけで読むことを避けて来ました。

「ノルウェイの森」から何冊か小説を出していたのは知っていたけど、全く興味が持てなかったのに、なぜか「スプートニクの恋人」だけは読んでみたいと思ったんです。

たぶん、「スプートニクの恋人」を特集していた番組の紹介の仕方が上手だったので、読んでみたいと思ったのでしょうね。

初めて読んだ「スプートニクの恋人」にどっぷりハマってしまった自分は、それから次々に過去に発売された村上春樹さんの小説を買い漁りました。

新作の方も「海辺のカフカ」「アフターダーク」「1Q84」「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」は、すべて初版本で買っています。

長編小説に関しては全巻持っているので、ハルキストと呼ばれるのは心外ですが、村上春樹さんを読まない人から見れば、そう思われるかもしれません。

ちなみに、短編小説やエッセイ集も好きなので、大半の村上春樹作品を持っていますが、逆にほとんど持っていないのは、ノンフィクション・対談・翻訳ぐらい。

それでも、ノンフィクションの「遠い太鼓」「もし僕らのことばがウィスキーであったなら」、村上春樹さんが翻訳した「キャッチャー・イン・ザ・ライ」は持っています。

これだけ村上春樹ファンの自分ですが、久しぶりの長編小説「騎士団長殺し」を読もうとは思いませんでした。

キシ
今でもときどき村上春樹さんの小説を読みます。それも途中から。自分の場合は、内容を覚えているので、適当に途中から読んでも全く問題ありません。

「騎士団長殺し」の価格がちょっと高いから読まない!

まず1番気になるのが、「騎士団長殺し」の価格設定で上下巻を合わせて約4,000円(正確には1,944円×2で3,888円)は、ちょっと痛い。

できれば、上下巻を合わせて3,000円でおつりがくる程度の価格だったら買うかもしれないけど、4,000円は高すぎるのでは?

すぐに文庫で発売してくれるなら助かりますが、当然のことながらしばらくの間はずっとハードカバーなので、どうしたものでしょうか。

でも、村上春樹ファンやハルキストだったら、「騎士団長殺し」の価格が上下巻合わせて約4,000円でも、安いと思うのでしょうね。

貧乏人の自分には、ちょっと4,000円は高すぎるし、4,000円を使えるなら他のモノを買いたいので、「騎士団長殺し」を買いません。

一応、前述で書いた通り、自分は村上春樹さんのファンなので、長編小説は全巻持っているのですが、基本的にハードカバーで買って読むが自分のルール。

ハードカバーで持っていないのは、文庫で持っている「1973年のピンボール」と「国境の南、太陽の西」だけ。

その他に文庫で持っているのは、エッセイ集だけなので、基本的には村上春樹さんの小説を読むときは、ハードカバーですよ。

以前よりも貧乏になったのが理由の一つかもしれないけど、大好きな村上春樹さんの新作「騎士団長殺し」でも、4,000円を払うのにはちょっと無理なので、買って読まないと決めました。

キシ
もう少し安かったら買うかもしれないけど、2冊で約4,000円はちょっと高すぎのような気が・・・。文庫がでるまでは、かなりの時間が掛かりそうなので、しばらくは読めませんね。

以前の村上春樹さんの小説の方が好きだから読まない!

村上春樹の小説

もしかしたら、今回の「騎士団長殺し」を買わない最大の理由かもしれないのが、最近の村上春樹さんの小説を、以前の小説ほど読みたいと思わないからです。

これは自分の考えですが、以前の村上春樹さん小説にもし分岐点があるならば、「ねじまき鳥クロニクル」だと常に思っています。

村上春樹小説に前期と後期があるならば、前期は「ねじまき鳥クロニクル」以前、後期は「スプートニクの恋人」以降ではないでしょうか。

具体的に説明するのは難しいのですが、「ねじまき鳥クロニクル」は今までの小説の集大成のような作品で、「スプートニクの恋人」からは、新たな村上春樹さんの作品のような気がしています。

あとは、自分の好き嫌いの主観が入っているのかもしれないど、「ねじまき鳥クロニクル」以前の作品の方が好きだからかもしれません。

その証拠に、デビュー作の「風の歌を聴け」から長編三部作の「ねじまき鳥クロニクル」までは、最低でも2回以上は読んでいます。

でも、「スプートニクの恋人」以降で2回以上も読んだ小説は1冊もなく、何度も読み直すのはエッセイ集ぐらい。

そんな理由から自分は、「騎士団長殺し」をいつか読んでみたいとは思いますが、なにがなんでも発売日に読みたいとは思いません。

村上春樹さんは、以前に書いていた「僕」のような1人称の小説を書くことはないと言っていましたが、自分は「僕」の頃の村上春樹さんの小説が好きでした。

絶対に書かないだろうけど、もし「ダンス・ダンス・ダンス」や「ねじまき鳥クロニクル」の続編を書いてくれたら、絶対に読みますけどね。

キシ
自分は、最近の村上春樹さんの小説よりも、昔の小説の方が好きなので、あまり新作に興味がないのかもしれません。その証拠に、本棚には村上春樹さんの古い小説しか入ってませんから。

新作の小説に魅力を感じないから読まない!

これは年齢を重ねて来たことが原因なのかもしれませんが、若い頃よりも圧倒的に新しいものに対する魅力を感じなくなりました。

若い頃だったら、読んだことのない作家が気になると、すぐにブックオフへ行って購入して読んだり、新作を買ったりしていました。

でも、ここ5年くらいの間に買った小説は、村上春樹さんの「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」だけ。

その他に買ったのは、仕事で必要なウェブ関係の本だけなので、全くと言って良いくらい新しい小説を読んでいません。

新しい小説は読んでいませんが、自分が大好きな村上春樹さんの小説なら、時間があるときに何度も読み返しています。

自分としては、当たり外れのある新作を読むよりは、絶対に面白と分かっている小説を読んだ方が安心するので、「騎士団長殺し」にも同じようなことが言えるのだと思います。

自分の場合、小説だけではなく音楽にも同じことが言えて、ずっと聴いているのは昔の曲がほとんどで、最近のアーティストの曲は1つも持ってないです。

新しい小説を読んだり音楽を聴いたりしたとき、当たりだったら問題ないけど、外れだったら時間がもったいないと感じるようになったがの原因かもしれません。

すべてが年齢のせいにするのは無理があるけど、明らかに若い頃よりは新しい小説や音楽に対して、魅力を感じなくなったので、「騎士団長殺し」を読まないと決めました。

キシ
若い頃は無駄に時間があったので、新しい小説や音楽を買っていましたが、今は時間が限られて来ているので、不確かな新しいものに時間を割くのは難しい気がします。

まとめ

村上春樹さんの新作長編小説の「騎士団長殺し」を買わない3つの理由をご紹介しましたが、どれか1つだけだったら、たぶん発売日に小説を買って読むと思います。

でも、この3つ全てに当てはまってしまったので、最低でも文庫本が出るまで、「騎士団長殺し」は読まないでしょう。

近所に図書館でもあれば、借りて読むことができますが、徒歩で1時間ぐらい掛かるところにあるので、借りて読むことは無理。

可能性があるとしたら、姉も村上春樹ファンなので買って読み終わったら貸してくれるぐらいしか、「騎士団長殺し」を読むことはなさそうです。

そんなことを言いながら、本屋で立ち読みをして面白そうだったら、こっそり買って読んでいるかもしれませんけどね(笑)。

キシ
本屋で「騎士団長殺し」を見つけたら、絶対に立ち読みはするでしょう。でも、さすがに買うことはないかな。せめて1冊1,500円以下にしてくれたら読むのになぁ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 - 音楽・書籍