40歳を過ぎた独身男のド定番が人生を豊かにする!

独身男のド定番

Googleの新アップデート!医療や健康の記事を書いてはダメなのか?

   

医者

最近、Googleの新しいアップデートにより、医療系や健康系で検索上位だった記事が、ランク外に飛ばされています。

当ブログにも、整腸薬の記事があり、実際に調べてたら、以前は10位だった記事が、見事にランク外へ、飛ばされていました。

この結果を踏まえると、今の状況が続く限り、医療系や健康系の記事は、もう書かない方が良いのでしょうか?

医療系や健康系の記事が、検索の上位にならないのであれば、これを機にキッパリと、諦めるべきなのかもしれません。

果たして、医療系や健康系の記事がどうなるのか、自分なりにだけど、書き続けるべきかどうか考えます。



Googleが発表した新アルゴリズム!

2017年12月6日、Googleのウェブマスター向け公式ブログ から、以下のような記事が発表されました。

読んでみると、医療や健康系の記事に、Googleがアップデートしたことが分かり、当ブログもこの影響を受けたらしい。

簡単にポイントを要約するなら、以下のような4つが、上げられるのではないでしょうか。

新しいアップデートのポイント

  • 医療や健康に関する検索結果の改善を意図している。
  • 信頼性が高く有益な情報が上位に表示に表示されやすくなる。
  • このアップデートで医療・健康に関連する検索の約60%に影響する。
  • 医療や健康だけでなく他の検索の改善にも取り組む可能性がある。

注目すべきは、「信頼性が高く有益な情報」と言う点で、当ブログの記事は、知ら異性が低いと判断された模様。

具体的にGoogleは「医療従事者専門家医療機関など」と言っているように、信頼性のあるなしは、ここがキモらしい。

逆に考えると、医療従事者、専門家、医療機関ではない人が、医療や健康のことを語っても、無視する気なのかもしれません。

キシ
医療従事者、専門家、医療機関だけが正しく、それ以外は、すべて排除するってことなのかな?

実際に激減した当ブログの記事!

パソコンを見て驚く人

当ブログでは、健康・美容のカテゴリーがあり、その中で一番に読まれいた記事が、新しいアップデートの対象になりました。

該当した記事は、1カ月に、1,000や2,000ものアクセスを、集めてはおらず、被害の状況としては、限定的と言えるでしょう。

でも、医療や健康の記事を作っても、以下のようなアクセス数になるなら、今後をどうするか検討する必要がありますね。

ちなみに、アクセス数が顕著に下がったのは、「腸内環境を整える薬は1日約50円で済むミヤリサンがおすすめ!」と言う記事です。

アクセス数は見事に下がっている

アクセス解析

この画像は、先ほどご紹介した記事の1カ月間のアクセス数の推移で、12月6日を境に、アクセスが激減しています。

もともとアクセス数が、スゴい多い記事ではないけど、商品を掲載している記事だけに、その点ではかなり痛いですね。

考えられる原因は「薬」の文字かも

この記事が、アクセスの激減の影響を受けた理由は、医療関係者でもない自分が、市販薬を取り上げたことだと思われます。

取り上げた整腸薬は、以前から飲んでいる薬ではあるけど、個人の意見ではGoogleが、根拠が乏しいと判断したのでしょう。

後日、記事を修正する予定です

アクセス数が激減しているので、すぐに記事を修正する予定で、タイトルを含め、全面的に見直す必要があります。

具体的には、まだ決まっていないけど、タイトルの中に「薬」は、アクセスに影響するので、もう使いません。

キシ
根拠は、飲んでいる自分の健康なんだけど、それではGoogleが、納得してくれなかったみたいです。

個人が信頼性を確立するのは無理!

医者

Googleが言う「信頼性が高く有益な情報」の中で、有益な情報は、個人でもなんとかなるけど、信頼性に関しては無理。

個人の記事が、軒並み圏外へ飛ばされているから、信頼性があるのは、病院・企業・大手の販売サイトぐらいなのかも。

ただし、ここで個人的に思うのは、検索の上位に医療関係のサイトが来ると、見る側にとってプラスとは限りません。

見たい記事が出て来ない気がする

例えば、自分が書いて飛ばされた記事は、「腸内環境 薬」のキーワードで10位以内だったけど、今は圏外に飛ばされました。

新しいアップデートのあとに、「腸内環境 薬」で検索すると、10位以内は、製薬会社・ドラッグストア・アマゾンだけ。

「腸内環境 薬」で検索する場合は、薬の種類やおすすめを、知りたいはずだから、出て来た結果は、かなり違う気がします。

「整腸薬 おすすめ」と検索しても、薬剤師の方の記事が1件だけで、あとは先ほどと、同じような結果しかでません。

もしかしたら改善されるかも

上記のような結果を考えると、しばらくしたら、検索結果が変わる可能性も、まだ残っている気がします。

さすがに、「整腸薬 おすすめ」と検索して、製薬会社やドラッグストだけだと、検索した人は納得しないでしょう。

ただし、それには「信頼性」が必要なので、根拠になるような内容が、記事の中に必要なのかもしれません。

しばらくの間は、まだどうなるか分かりませんが、とりあえずは、Googleの言う信頼性が、重要になりそうです。

キシ
今回のGoogleのアップデートは、医療や健康の特化ブログにとって、死活問題ですね。

医療系や健康系の記事の今後はどうなる?

なんだかんだ言っても、結局はGoogleの意見に従うのが、ブロガーの宿命ではあるので、受け入れるしかありません。

しかし、このまま医療系や健康系の記事が、廃れてしまうと、本当は価値のある記事が、日の目を見ない可能性があります。

今回の新しいアップデートで、当ブログの記事は別にして、価値のあった医療系や健康系の記事が、絶対にあったはずですから。

そこで、自分の考えではあるけど、医療系や健康系を今度は、どのように書くべきかを、実際に考えてみました。

薬を紹介する記事はやっぱりダメかも

当ブログの記事のように、市販薬と言えども、薬を紹介する記事は、信頼性が必要なので、個人のブログではダメかも。

試しに、「整腸剤 おすすめ」で検索すると、1ページ目の検索結果には、個人のブログが、1つもありませんからね。

病気の体験談が中心になる

体験談の記事だったら、医療従事者・専門家・医療機関などは、全く関係ないので、今までと同じように、記事を書けるでしょう。

当ブログにも、逆流性食道炎の体験談が書いてあるけど、アクセス数は極端に減っておらず、影響はさほどありません。

サプリメント系は危ないかも

「サプリメント おすすめ」で検索しても、この記事を書いている段階では、個人の記事が、検索結果の1ページに出ています。

現段階では、まだ大丈夫だけど、Googleが言っている通り、他の項目にもメスを入れそうだから、危険かもしれません。

キシ
本当に、おすすめしたい薬でも、信頼性がない個人の意見は、抹殺されてしまうのでしょうね。

まとめ

当ブログの記事は、大丈夫だと思ったけど、見事に新しいアップデートの対象になり、1つの記事が圏外へ飛ばされました。

Googleのアナウンスでは、全体の60%に影響が出ると書いてあるから、もしかいたら、全く影響がないブログがあるかも。

ただし、他のブログの記事を読む限り、かなりの影響を受けているらしいから、医療や健康の記事は、敬遠されるでしょうね。

当ブログの該当した記事は、これから修正する方向性を探して、どのくらいアクセスが戻るか、挑戦する予定です。

数カ月後には、結果が分かると思うので、もしアクセスが戻ったら、医療や健康の記事の書き方を、ご紹介します。

キシ
このまま、医療や健康の記事は、廃ってしまうのでしょうか?まだ、しばらくは目が離せませんね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 - ブログ