40歳を過ぎた独身男のド定番が人生を豊かにする!

独身男のド定番

「男らしい」に潰されるな!本当の男の姿は想像と全く生き物です!

      2018/05/03

本当の男の姿

男性が女性に幻想を抱くように、女性も男性に幻想を抱いており、その最たることが、「男らしい」なのでは。

実際に、女性から聞くと、それは明らかに幻想であり、実際の男性の姿は、真逆の場合があります。

そこで今回は、本当の男の姿をご紹介するので、「男らしい」が勘違いだったと、女性に知ってもらいましょう。

女性が思う男らしい男は、実際に存在はしていますが、それはとても少数だから、見つけるのはとても大変。

モテたい男性は、女性が思う「男らしい」へ近づくために、日頃から鍛錬をするしか、方法はありませんよ。

「過去のことを引きずらない」とは限らない!

落ち込む男性

過去のことを引きずらない。女性が思う男らしさに、入りそうな事柄だけど、実際の男性は、過去を引きずるでしょう。

むしろ、女性よりも男性の方が、過去を引きずると思うので、女性はずっと男の本質を、勘違いをしているのかも。

特に恋愛の場合、自分もそうですが、がっつり過去を引きずり、なかなか忘れず女々しいので、引きずらない人は少ない。

表面的には、「過去を引きずらない」と言っても、心の中は違い、男も過去を引きずるから、女性の幻想にすぎません。

実際は、男らしくあるために、強がっているだけなので、中身は違うことを、女性に知っていただけたら幸いです。

キシ
フリをしているだけなので、その点を察してください。本当は、引きずりますよ。

「自分を犠牲にして助ける」のは相手次第!

自分を犠牲にして助ける。文章だけを見ると、確かに男らしく感じますが、犠牲にして助ける相手は、限られています。

わざわざ、自分を犠牲にして、誰かを助ける訳ですから、見返りがないと、リスクが大きすぎて、犠牲は払えません。

仮に、見返りがなくても、そこには何らかの思惑が隠れており、純粋な気持ちで助けられるのは、家族や友達ぐらい。

男らしい人だって、最後はわが身が一番に可愛く、自分を犠牲にできる男は、極めて稀な天然記念物みたいな存在。

あくまでも、自分を犠牲にできるのは、限られた人に対してだけなので、誰にでもできるとは、勘違いしないでください。

キシ
美人と○○のどちらかを、自分を犠牲にして助けるなら、やはり美人を選びますからね。

「プライドを持っている」は心の中だけ!

プライドを持っている。一応は、どんな男性でも、プライドの1つくらいはあるけど、それを表に出すことは、皆無に近い。

特に仕事の際、ヘタなプライドを出してしまったら、上司や先輩との折り合いが悪くなって、仕事がやりづらくなるはず。

実際に自分も、調子に乗っていた時期、プライドを表に出したら、先輩からイジメられるようになり、とても大変でした。

ヘタなプライドは、自分の首を絞めることになり、評判を落とすかもしれないから、見せる必要性は、ほぼありません。

男らしくあるために、プライドは必要だけど、仕事をする上では、邪魔になることが多いから、その点をお察しください。

キシ
プライドは、心の中に秘めるもの。人に見せると、ロクなことがありませんよ。

「行動力がある」のは好きなことだけ!

サラリーマン

行動力がある。どんなことでも、すぐ行動に移せれば、確かに男らしく見えるけど、それは好きなことだけの話です。

嫌なことだったら、すぐ行動に移したくないし、もし、すぐ行動していたら、それは早く終わらせたいから、やってるだけ。

仕事の場合は、行動力があった方が、上司や部下からの評判を良いから、意識的に行動力を、見せているだけでしょう。

結婚している女性なら、普段の男性はダラダラした態度で、行動力があるのは、特定のことだけと、分かっているはず。

家にいるときの男性に、行動力はほとんどなく、限られた事柄だけに、行動力があることを、女性の方は知ってください。

キシ
家にいるときは、行動力なんて、全くないのでは。あるのは、仕事のときだけですよ。

「責任感が強い」は仕方がない状況だから!

責任感が強い。普通に働いていれば、歳を重ねるごとに、大きな仕事を任されて、誰でも責任感は持てるでしょう。

しかし、その責任感は、仕方がなく植え付けられたものであり、自ら涌き出たものではないから、もともと責任感はありません。

それゆえに、仕事以外では、責任感を発揮することはなく、できるだけ責任逃れをしたいのが、男の本音だと思ってください。

こちらも、結婚している女性なら、良くご存じの通り、男性は責任があることを、奥さんに丸投げしているはずですからね。

仕事の場合は、責任感を持っているけど、普段の場合は、責任感を避けたいので、女性の方は、公私混同をしないように。

キシ
仕事だけで十分だから、普段のことまで、責任は背負いたくないですよ。

「志しが高い」は思わざるを得ないから!

志しが高い。幕末の志士のように、男は誰でも志しを、高く持ちたいと思うけど、実際は簡単な話しではありません。

現実に目を向ければ、生きることだけで精一杯だし、上を目指すことよりも、現状維持をするが、ギリギリが多いのでは。

でも、そんな現実を、女性に言ってしまったら、相手にされなくなっちゃうので、思わざるを得ない状況にあるだけ。

若い頃なら、世の中の怖さを知らないので、志しの高いことを言えるけど、30歳を過ぎたら、ちょっと無理でしょうね。

志しが高いと、男らしく見えるのは分りますが、今の男性たちは、現状維持がギリギリなので、その辺をご考慮ください。

キシ
現実は、とても厳しいです。志しを高く持てるのは、若いときだけですね。

「筋肉ムキムキ」はモテるために鍛えている!

筋肉ムキムキの男性

筋肉ムキムキ。男らしく見せるためには、ガッチリした体の方が良いけど、それは筋トレをしている人だけの話です。

趣味や仕事の人は除き、普通の男性の場合、筋トレをして鍛える余裕はなく、仕事が終わったら、家に帰って寝るだけ。

仮に、趣味や仕事ではなく、筋肉ムキムキの場合は、女性にモテたいから、筋トレをして体を、鍛えているかもしれません。

普通なら、仕事でクタクタな体に、ムチを打つようなことをしたら、筋肉ムキムキのなる前に、ボロボロになるでしょう。

それに、筋肉ムキムキの男性は、ナルシストの人が多く見られるので、内面的に言えば、男らしくない場合がありますよ。

キシ
筋肉ムキムキの男性の方。本当にごめんなさい。でも、ナルシルトの人って、多くないですか?

「器が大きい」は見栄を張ってるから!

器が大きい。ちょっとしたことでも、怒らずに平静でいられたら、器が大きく見えるけど、それは見栄を張っているだけ。

本当なら、思いっきり怒りたい場面でも、些細なことで怒ってしまったら、器の小さいダメ男に見られますからね。

でも、心の中は、煮えたぎるマグマのように、怒りで満ちあふれており、表と裏の顔は、アシュラマンくらい違います。

たぶん、そんな生活を繰り返しているから、男性はストレスが、たまってしまい、女性より病気になりやすいのでしょう。

器が大きいと、男らしく見えますが、それは見栄を張っているだけなので、女性はあまり男性に、無理をさせないでください。

キシ
自分も、器が大きく見られたいので、見栄を張りますが、あとでいつも、後悔しています。

まとめ

すべてを、持ってないとは言いませんが、大抵の男性は、1,2個ぐらいしか男らしい部分を、持っていないでしょう。

天然記念物のような、希少価値のある男性を、女性が理想にするのは勝手だけど、そんな男性は、本当に少ないですよ。

男性の場合も、これは女性の幻想に過ぎないので、無理して手に入れようとしたら、大ケガしちゃうかもしれません。

むしろ、ここでご紹介した8つのことを、すべて持っていないと、素直に言える男性の方が、男らしく見えるのでは?

女性に、モテたい気持ちは分かりますが、無理をするとロクなことがないので、「男らしい」に、潰されないでください。

キシ
「男らしい」は、あくまでも女性の幻想です。こんな男性は、天然記念物ですよ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 - 独身40代イズム