40歳を過ぎた独身男のド定番が人生を豊かにする!

独身男のド定番

初めてのジャズにおすすめな名盤アルバム5選!これで大人の仲間入り!

      2017/07/16

ジャズに合うお酒

40代を過ぎた大人の方は、年齢によって似合うオシャレがあるように、年齢によって似合う音楽があるのを知っていますか?

若い頃だったら、流行している音楽を聴けば良いけど、40代が近くなったら、ジャズのような大人の音楽を聴いた方が良いんですよ。

そこで今回は、初めてのジャズにおすすめな名盤アルバムを5枚ほどご紹介するので、ぜひ聴いて大人の仲間入りをしてください。

ご紹介するのは、ジャズを好きな人なら、絶対に1回は聴いたことある名盤アルバムなので、初めてのジャズにはピッタリです。

ジャズの名盤アルバムを聴いて、好きなミュージシャンが見つかったら、掘り下げてアルバムを聴いてジャズのファンになりましょう。

ピアノが好きな人にはビル・エヴァンス!

Waltz For Debby

ビル・エヴァンスを好きになったのは、村上春樹さんの小説を読んだのがきっかけで、今でも一番に好きなミュージシャンはビル・エヴァンス。

大ヒット小説の「ノルウェイの森」の中で、ビル・エヴァンスの曲を聴くシーンがあり、どんな曲なのかイメージを膨らませるためにCDを買いました。

たぶん、自分と同じように、村上春樹さんの小説を読んでジャズを聴くようになった人って、多いのかもしれませんね。

ビル・エヴァンスがどんなジャズかは、事前にYouTubeで分かっていたから問題なかったし、自分がもともとピアノの音楽が好きだったので一瞬で好きになりました。

ジャズを初めて聴く人には、とても聴きやすくて有名な曲も多いから、ビル・エヴァンスを一番におすすめしたいです。

ビル・エヴァンスでおすすめの名盤アルバム

本物のジャズ好きなら、今さらこんな名盤を紹介するなよ!と突っ込まれそうなくらいの名盤中の名盤が、ビル・エヴァンスの『Waltz For Debby』。

自分は、初めてCDで購入したのがビル・エヴァンスの廉価版のベストCDで、次に購入したのがこの『Waltz For Debby』でした。

休日の朝に『Waltz For Debby』を聴くと、気分が落ち着いたりリラックスできたりするので、ぜひ土日の朝に聴くことをおすすめします。

キシ
このアルバムの中で、一番に好きなのは、1曲目の『My Foolish Heart』です。ビル・エヴァンス自信は周りがうるさいから、あまり好きじゃないらしいですが。

ドラムが好きな人にはアート・ブレイキー!

Moanin

もともとアート・ブレーキーは自分が好きだったわけじゃなく、今は亡き父が好きだったので、持っていたCDやレーコドを受け継いで聴くようになりました。

父は、ときどき部屋で一人きりになり、近所迷惑になるくらい大音量にして(田舎だから大丈夫ですけど)、アート・ブレーキーを聴いていましたね。

自分と父の好きなジャズは若干違うのですが、アート・ブレーキーと後でご紹介するジャズ・ミュージシャンは同じように好きでした。

アート・ブレーキーは夜に聴くことが多いですが、父と一緒に部屋で聴いていた頃の記憶が鮮明によみがえって来るので、ときどき涙が出そうになってしまいます。

亡くなってしまったから思うのだろうけど、父が好きだった音楽を共有できるのって、とても幸せなことのように感じます。

アート・ブレーキーでおすすめの名盤アルバム

アート・ブレーキーと言えば、ジャズが好きな人たちは真っ先に、代表作と言っても良い『Moanin』をあげるでしょう。

アルバムと同名の『Moanin』も良いですが、個人的にはアート・ブレーキーのドラムがカッコいい、『Blues March』もおすすめ。

自分はお酒が飲めませんが、アート・ブレーキーの『Moanin』を聴きながら、薄暗い部屋でお酒を飲むと、大人の男の気分を味わえそうです。

キシ
『Blues March』のドラムのソロを聴くと、思わず手にペンを持って、ドラムを打つマネをしてしまいます。

ビブラフォンが好きな人はモダン・ジャズ・カルテッド!

Django

このモダン・ジャズ・カルテッド(MJQ)も、生前の父が好きだったので、亡くなった後に引き継いだジャズの一つです。

他のジャズ・ミュージシャンのアルバムも引き継いだのですが、このモダン・ジャズ・カルテッドは、他のミュージシャンとは、毛色がちょっと違う感じがします。

モダン・ジャズ・カルテッドは、父が大好きだったアート・ブレイキーが激しいプレイをするイメージがあるのに対して、とても静かにプレイをするイメージのミュージシャンの気がしました。

メインの楽器は「ビブラフォン」と言うらしいですが、自分はずっと鉄琴だと勘違いしていました。

いろいろなジャズを聴くようになりましたが、モダン・ジャズ・カルテッドが使っているビブラフォンをメインにしているジャズは、彼らしか知りません(もしかしたら他にもいるのかな?)。

モダン・ジャズ・カルテッドでおすすめの名盤アルバム

父が生きている頃に、「MJQと言ったらDjangoだ」とよく言いながら、このアルバムを聴いていました。

その影響もあってか、自分もMJQで真っ先に思い出すのが「Django」で、ときどき無性に聴きたくなるときがあります。

このアルバムも、お酒がとても似合うから、ちょっとオシャレなバーでカクテルが良さそうな気がします。

キシ
ビブラフォンがどんな楽器なのか知りたかったら、モダン・ジャズ・カルテッドを聴くしかありません。たぶん、一度聴いたらとりこになっちゃうかも。

トランペットが好きな人はリー・モーガン!

The Sidewinder

リー・モーガンを知ったのは、父が持っていたアート・ブレイキーのアルバムの『I Remember Clifford』を聴いたときでした。

冒頭のトラペットを聴いた瞬間に、体がゾクッする感覚になってしまい、すぐにこの曲のファンになりました。

もっと自分にボキャブラリーがあれば、『I Remember Clifford』でリー・モーガンが奏でているトランペットのスゴ差が分かるのですが、やはり聴いてもらうしかありません。

自分は、あまりトランペットのジャズが好きじゃなかったのですが、リー・モーガンのトランペットだけは別格。

他のトランペットのジャズ・ミュージシャンも格好良いのだろうけど、リー・モーガンの魅力にとりつかれてしまったら、離れられなくなるのでは?

リー・モーガンでおすすめの名盤アルバム

リー・モーガンと言えば、これしかないでしょ!言われるくらいド定番中のド定番なアルバムが『The Sidewinder』です。

1曲目のアルバムと同名の『The Sidewinder』を聴いた瞬間に、思わず踊り出してしまう人もいるのでは?

『The Sidewinder』は、みんなでワイワイお酒を飲みながら、盛り上がれる場所で聴くのが、似合ってる気がします。

キシ
『I Remember Clifford』を聴きたい人は、リー・モーガン Vol.3をおすすめします。この1曲を聴くだけでも、買う価値はあると思いますよ。

サックスが好きならキャノンボール・アダレイ!

Somethin' Else

最後は、サックス奏者でソウルでファンキーなジャズが楽しめる、キャノンボール・アダレイをご紹介します。

自分がジャズを好きになったとき、定番のジャズ・ミュージシャンを知っていた方が良いと思って選んだのが、サックス奏者のキャノンボール・アダレイでした。

ジャズに『Autumn Leaves』と言う名曲があり、ビル・エヴァンスのバージョンが有名なのですが、自分はキャノンボール・アダレイの方が曲のイメージに合っている気がします。

この1曲を聴くだけでも、キャノンボール・アダレイを聴く価値があると言えるほど、『Autumn Leaves』をおすすめです。

不思議なことに父は、ジャズ・ミュージシャンで有名なキャノンボール・アダレイのアルバムを1枚も持っていなかったので、もしかしたら趣味に合わなかったのかも。

キャノンボール・アダレイのでおすすめの名盤アルバム

キャノンボール・アダレイの名盤と言えば、ジャズのファンなら、誰でも一度は聴いたことがあるだろう『Somethin’ Else』。

先ほど、自分が絶賛した『Autumn Leaves』が収録されているので、ぜひ、ビル・エヴァンスのバージョンと聴き比べて欲しいです。

『Somethin’ Else』は、ちょっとだけにぎやかなバーで、おしゃべりをしながら聴くのが合っているような気がします。

キシ
秋になると、キャノンボール・アダレイの『Autumn Leaves』が恋しくなるので、『Somethin’ Else』を聴きます。本当に秋にピッタリの曲ですよ。

まとめ

今回ご紹介した初めてのジャズにおすすめな名盤アルバム5選!これで大人の仲間入り!はどうでしたか?

大人の年齢に近づいて来たら、まず初めての今回ご紹介した名盤アルバムの中から1枚を選んで、ジャズを聴いてください。

昔からジャズは、レコードで聴いた方が良いと言われているので、もっとお金に余裕があれば、レコードでご紹介したアルバムを聴い欲しいです。

他にもたくさんの名盤アルバムがあるから、まずは今回ご紹介した5枚を聴いて、自分に合うジャズを探すことをおすすめします。

部屋を薄暗くしてステレオでジャズを流せば、大人の男になれた気がするので、試しに名盤アルバムの中の1枚を聴くのはどうでしょうか。

キシ
あまり難しいことは考えないで、とりあえずジャズを聴いてみることから始めましょう。個人的には、最初に聴くなら、ビル・エヴァンスをおすすめします。

追記.一番に有名なジャズ・ミュージシャン!

本来なら、ジャズで一番に有名なマイルス・デイヴィスをご紹介するべきだったのですが、同じ楽器のリー・モーガンを取り上げたのでご紹介できませんでした。

マイルス・デイヴィスだったら、おすすめしたいアルバムは、自分も持っている『Kind of Blue』ではないでしょうか。

あまりにも有名な名盤アルバムなので、ジャズを聴いていると誰かに話す前に、一度くらいは聴くことをおすすめします。

マイルス・デイヴィスのでおすすめの名盤アルバム

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 - 音楽・書籍