40歳を過ぎた独身男のド定番が人生を豊かにする!

独身男のド定番

トイレで尿と便のにおいや色をチェックすれば健康状態が簡単に分かる!

      2017/01/22

トイレットペーパー

40代を過ぎると、健康に気を使うようになりませんか?自分も、若い頃より風邪をひいても、治りにくくなったと感じたのが、30代の後半に入ってからだったので、健康に気を付けています。健康かどうかは、顔色や口臭でもチェックができますが、他の方法でも、簡単に健康のチェックができるんです。ちょっと汚い話になってしまいますが、毎日するものだから、尿や便を必ずチェックして、健康状態を把握しておきましょう。自分の場合は、必ずチェックしていますが、とりあえずは大丈夫そうなので安心です!

毎日、必ず出すものだから!

40代くらいの年齢になれば、体にガタが出始めてくるので、健康状態に気を付けるようになりませんか?

自分の場合は、もともと胃と腸が悪いので、30代後半ぐらいからは、特に気を付けていました。

それでも、逆流性食道炎になってしまったので、もっと気を付ける必要があるのですが、病院で健康診査を受けなくても、尿や便で簡単に体の健康のチェックができるんです。

会社員の人なら、必ず1年に1回の健康診査で尿と便の検査をしているから、普段からあまり気にしていない人も多そうですが、それは間違っています。

脅しではありませんが、健康診査をしてから半年後に病気になって、それに気が付かずにさらに半年が過ぎた健康診査で病気が分かったときには、半年分だけ病気が進行しています。

病気は、1日でも早く発見した方が治りやすくなるので、日頃から自分の健康状態を知っておくのは、とても重要だと思います。

その中で、尿や便なら毎日出すもので、チェックも簡単だから、自分の健康状態を知るのにピッタリです。

ちょっと汚い話になってしまうけど、健康な体を維持するためには必要なことなので、日頃から尿や便のチェックをやりましょう。

では、尿や便がどんな状態だと健康だったり、不健康だっりするのかをご紹介します。

キシ
尿や便の他にも、顔の色や口臭などで健康状態が分かります。ただ、顔や口臭は自分であまり気が付きにくいので、尿や便の方が健康状態を調べるのに良いと思います。

尿で健康をチェック!

尿の色やにおいで健康のチェックができるのは、みなさんも知っていますよね?

便とは違い、尿は1日に何回も出すものなので、頻繁に健康のチェックができるから、とても便利だと思います。

基本的には、色、におい、泡をチェックすれば大丈夫なので、体の調子が悪かったりしたときは、いつもよりも念入りにチェックをしてみましょう。

もしかすると、普段と違う尿が出ているかもしれないので、そんなときは、すぐに病院へ行って、検査をしてください。

尿の色は?

尿の色が、普段に見ている色と違う場合には、肝臓や腎臓の病気を疑った方が良いらしいです。

基本的に、健康な尿の色は、黄色っぽいのですが、赤色、緑色、白色など、普段の尿では見たことがない色が出たときは、すぐに病院へ行った方が良いでしょう。

ちなみに、透明な色の尿が出る人が多いと思いますが、水分を取り過ぎているだけのパターンが多いので、あまり問題ではありません。

ただし、あまり水分を取っていないのに、透明な尿が出た場合は、腎臓の病気の可能性もあるので、注意してください。

濃い黄色の尿が出るときは、薬や栄養ドリンクを飲んだあとに多かったり、尿をガマンをしていたり、疲れていたりした場合に、出ることが多いです。

男性の人なら、尿が出るのを間近で見られると思うので、大丈夫でしょうが、女性の場合はちょっと恥ずかしいからもしれないけど、健康のためなので、ときどきはチェックをしてください。

尿のにおいは?

尿のにおいからも、簡単に健康状態が分かるのですが、一番に有名なのは糖尿病かどうかです。

実は、自分がまだ20代の頃に、排せつ物から甘いにおいがすると、浄化槽の清掃業者の人に言われたことがあり、すぐに病院へ行って、尿検査をしたことがあります。

検査結果は、特に問題がなかったので良かったですが、尿のにおいで糖尿病が分かると教えてもらったので、ときどき、においをチェックするようになりました。

なかかな自分の尿のにおいを嗅ぐのは、大変ですが、男性の場合なら、尿を出しているときに、いつもと違うなって分かることがありますよね。

女性の場合は、ちょっと分かりませんが、尿を出していていつものにおいと違うと感じた場合は、食生活を気を付けてみて、それでもにおいが変だったら、病院で検査してもらいましょう。

尿をすると泡が立つ?

昔から、尿をしたときに泡が立ってしまうことがありますよね。

特に、男性の場合だと、尿を出すときは立ってするから、泡が出ることがありますが、普通の泡ならあまり問題はありません。

問題があるのは、尿が出てからしばらくの間、泡が残っている場合です。

健康な場合は、泡が立ってもすぐに消えますが、健康に問題がある場合は、すぐに泡が消えません。

1日くらいだったら大丈夫でしょうが、数日の間、ずっと泡がなかなか消えない場合は、腎臓の病気や糖尿病の可能性がありますので、こちらも検査をしてもらいましょう。

健康状態に問題があるときは、尿の色、におい、泡の違和感が複合的に出ると思うので、普段から自分の尿の状態を知っておくのが良いと思います。

キシ
トイレに行くのが、面倒だと言ってガマンをする人がいます。でも、それは健康にとても悪いので、絶対にガマンをするのは止めましょう。あと、全く関係ないですが、最近、尿の切れが悪くなりました。これは、健康に問題があるのではなく、ただの加齢ですね(笑)。

便で健康をチェック!

尿で健康をチェックできるように、便でも健康のチェックができます。

便秘をしがちな女性だと、毎日のように便が出ない人もいるでしょうが、男性なら普通に毎日最低でも1回は便が出ますよね。

便を見たり嗅いだりすると、今の健康状態が簡単に分かるので、ちょっと汚いと思ってしまうでしょうが、ガマンをして、チェックをしてみましょう。

自分は、必ず尿と同じように、便の色とにおいのチェックをしているので、ぜひ、みなさんにもマネをして欲しいです。

便の色は?

みなさんは、健康な便の色って、どんな色か知っていますか?

実は、オモチャの便の色が黄色だと思いますが、その黄色が健康な便の色なんです。

さすがに、濃い黄色の便ではありませんが、黄色と茶色の中間色ぐらいがベストではないでしょうか。

では、真逆の不健康な便の色は、どんな色だと思いますか?

一般的に、白色、黒色、赤色、灰色、緑色、赤色は、危険な色と言われているので、こんな便が出てしまったら、病院で診てもらった方が良いでしょう。

ただし、食べたものが影響して、便の色が赤くなったり、緑色になったりすることがあるので、普段と違う色の便が出たら、どんなものを食べたか思い出してから判断をしてください。

ちょっと汚い話になってしまいますが、便を出しあとに、立ち上がって自分の便の色を確認するか、もしくはお尻を拭いたときに、トイレットペーパーに付いた便で色の確認をするのがオススメの方法です。

普段から、便の色をチェックしておけば、腸の健康状態が簡単に分かるので便利ですよ。

便のにおいは?

昔から、自分のオナラのにおいって、耐えられると言いますが、これは便でも同じこと。

自分がした便のにおいは、子どもの頃からなんとなく嗅いでいるので、臭いことは臭いですが、耐えられると思うんです。

でも、腸の具合が悪いときなどは、普段の便とは違う臭いがするときがあります。

自分の経験では、鼻がもげるんじゃないかってくらい、便の臭いと感じたことがあり、その前日にお肉をたくさん食べたので、たぶんそれが原因です。

健康的な食生活をしていると、便が臭くは感じませんが、野菜を取らずにお肉ばかり食べると、便が臭く感じるので、においは食生活を見直しなさいと言うサインです。

ただし、ニンニクなどのにおいがキツい食べものや、薬などを飲んたときは、便のにおいが変わることがあるので、便の色と同様に、食べたり飲んだりしたものを考慮して判断をしてください。

においの嗅ぎ方は、便の色と同じような方法ですので、ちょっと汚く感じてしまいますが、健康のためなので、できれば毎日チェックしましょう。

便の硬さは?

便の硬さは当然ですが、気張らずにスッと便が出るような、硬すぎることも軟らかすぎることもない、ちょうど良い便が理想です。

おなかの調子が悪ければ、便が水っぽくなるでしょうし、便秘の人は、コロコロした便が出ると思います。

ストレスやアルコールを飲んだ場合に、泡状の便が出る人もいるらしいので、便の硬さもチェックする必要があります。

上記の色やにおいとは違い、便の硬さは、出しているときに分かるので、チェックが簡単です。

一過性の水っぽい便だったら、問題はありませんが、慢性的に水っぽい便が出る人、コロコロの便が出いる人、泡の便が出る人は、検査をしてもらった方が良いでしょう。

キシ
昔の我が家は、ボットン便所だったので、便のチェックができませんでした。と言っても子ども頃のことなので、チェックをする必要なんてなかったんですけど。ボットン便所だと、色やにおいが分からないので、とても不便ですね。

まとめ

尿や便の異常がある場合は、できるだけ早めに病院で検査をしてもらうことをオススメします。

自分も前述の通り、糖尿病の疑いを掛けられて、すぐに検査をしたから良かったのですが、本当は糖尿病なのに、気が付かないままだったら、大変なことになっていましたからね。

普段の生活で、尿や便は簡単にチェックができるから、自分の健康状態を知る上では、とても便利なので、健康なときに、自分がどんな尿や便を出しているのか知っておきましょう。

健康な状態の尿や便を知っていれば、変な尿や便が出たとき、すぐに気が付いて、病院で検査をしてもらえますからね。

いつもと違うような尿や便を出さないためには、バランスの良い食生活と適度な運動とストレスをためないことが一番なので、できるだけ気を付けながら、健康な尿や便を出し続けましょう。

キシ
尿や便は健康のバロメーターだと思います。普段と違う尿や便が何日も続くようだったら、早めに病院で検査してもらいましょう。早期に発見するれば、病気がヒドくなりにくいので、早いに越したことはありませんからね。
キシ
この記事はキシが担当しております。
★キシの担当記事一覧★

追記

便に関しては、腸内環境を整えると健康な便が出ると言われているので、以前の記事でご紹介した「ミヤリサン」を飲むことをオススメします。

ご購入するなら、アマゾンの定期購入がお安くなるのでオススメですよ!

我が家では、強ミヤリサンの1000錠をいつも買っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 - 健康・美容