40歳を過ぎた独身男のド定番が人生を豊かにする!

独身男のド定番

女性アーティストが歌う元気になる失恋ソング10選!【40代編】

      2017/10/25

元気になった女性

失恋をしたときは、思いっきり悲しい曲を聴いて泣くのも良いけど、めそめそもしていられないから元気を与えて欲しい!

男性アーティストが歌う失恋ソングは、どっぷり失恋に浸ってしまう悲しい曲が多いけど、女性アーティストの場合は元気の出る曲が多い。

そこで今回は、女性アーティストが歌う失恋ソングの中から、元気になるものを厳選して全部で10曲ほどご紹介します。

ご紹介するのは、ちょっと古い曲を中心にした40代向けなので、若い人たちが知らない曲も多いだろうけど、きっと好きになってくれるはず。

悲しい気持ちに浸るのも良いけど、失恋ソングで元気をもらって、新しい恋がまたできるように前を向いて歩きましょう。

中森明菜『飾りじゃないのよ涙は』

女性アーティストが歌う失恋ソングの1曲目は、1984年に発売された、10枚目のシングル曲の『飾りじゃないのよ涙は』。

『飾りじゃないのよ涙は』は、井上陽水さんが作詞・作曲をしたことでも有名で、本人がセルフカバーもしています。

歌詞の内容は、中森明菜さんのイメージにピッタリの強い女性を描いており、失恋してもめそめそと泣きたくない人におすすめです。

キシ
『飾りじゃないのよ涙は』は、ちょっとクールな感じるする失恋ソング。中森明菜さんが歌うとハマりますね。

岡村孝子『夢をあきらめないで』

女性アーティストが歌う失恋ソングの2曲目は、1987年に発売された、5枚目のシングル曲『夢をあきらめないで』。

『夢をあきらめないで』は、岡村孝子さんの代表曲として有名だけど、オリコンチャートの最高順位が50位だったのは驚き。

曲の歌詞は、別れた彼氏のことを応援する感じで、ボロボロと涙を流すのではなく、さわやかな涙が合いそうな失恋ソングです。

キシ
若い人は、岡村孝子さんをほとんど知らないかもね。40代だったら、真っ先に「あみん」を思い出すかな。

松任谷由実『ふってあげる』

女性アーティストが歌う失恋ソングの3曲目は、1988年に発売された、アルバム『Delight Slight Light KISS』に収録されている『ふって上げる』。

松任谷由実さんの曲には、たくさんの失恋ソングがあるけど、元気が出る曲だったら、真っ先に『ふって上げる』を思い出しました。

曲の歌詞は、彼氏から「フラれる」のではなく、彼女の方から「ふってあげる」と言うのが、失恋ソングとして好きな部分です。

キシ
彼氏のことを好きなんだけど、彼氏のためにふってあげると言うのが、女性の強さを感じさせます。

渡辺美里『彼女の彼』

女性アーティストが歌う失恋ソングの4曲目は、1988年に発売された、『ribon』に収録されている『彼女の彼』。

全く有名な曲ではないので、40代でも知らない人が多そうですが、切なさの中に前向きさを感じさせてくれる失恋ソング。

曲の歌詞は、大好きな人と1日だけデートをする内容になっていて、今日で彼への想いを断ち切ろうとしている女性の気持ちが見えてきます。

キシ
『彼女の彼』は、スゴく元気の出る曲ではなく、元気を出さなきゃと思わせてくれる失恋ソングかもしれません。

竹内まりや『元気を出して』

女性アーティストが歌う失恋ソングの5曲目は、1988年に発売された17枚目のシングル曲の『元気を出して』。

『元気を出して』は、竹内まりやさんがずっと歌っているイメージがあったけど、もともとは薬師丸ひろ子さんへ提供した曲らしいです。

曲の歌詞は、失恋した友人を励ます内容になっていて、まさに元気を出す失恋ソングとしては、ピッタリな曲でしょう。

キシ
女性アーティストの元気が出る失恋ソングを、いろいろな世代に聞いても、真っ先に「元気を出して」が出て来るでしょうね。。

今井美樹『彼女とTIP ON DUO』

女性アーティストが歌う失恋ソングの6曲目は、1988年に発売された4枚目のシングル曲の『彼女とTIP ON DUO』。

『彼女とTIP ON DUO』は、今井美樹さんの代表曲の1つで、若干バブリーな感じのする失恋ソングだけど、若い人もおすすめです。

曲の歌詞は、失恋したことを思いっきり振り切っている内容なので、好きだ人のことを忘れたいときにハマる曲でしょうね。

キシ
ちょっとだけ未練はあるけど、もう思い出だしてあげないと言う、恋愛を過去にした気持ちが出ている失恋ソングですね。

小泉今日子『あなたに会えてよかった』

女性アーティストが歌う失恋ソングの7曲目は、1991年に発売された32枚目のシングル曲の『あなたに会えてよかった』。

小泉今日子さんは、アイドルなのに普通のアーティストと同じような名曲が多くて、この『あなたに会えてよかった』もそんな名曲の1つ。

曲の歌詞は、別れた人に感謝をしつつ、良い恋をしたと振り返っている失恋ソングで、別れてから時間がかなり過ぎたときに聴くのが良さそう。

キシ
別れたとしても、『あなたに会えてよかった』なんて言える恋をできれば、元気が出そうな気がします。

大黒摩季『チョット』

女性アーティストが歌う失恋ソングの8曲目は、1993年に発売された、3枚目のシングル曲の『チョット』。

大黒摩季さんの曲のイメージは、等身大の女性感を描いている気がして、この『チョット』もまさにそんな失恋ソングになっています。

曲の歌詞は、別れた人への恨み節のような内容になっており、カラオケで歌ったら過去の恋愛を思い出して、ブチキレをしそうな雰囲気の曲です。

キシ
大黒摩季さんお『チョット』は、聴くよりも実際に歌った方が、元気になる失恋ソングかもしれませんね。

岡本真夜『TOMORROW』

女性アーティストが歌う失恋ソングの9曲目は、1995年に発売された、デビューシングルの『TOMORROW』。

『TOMORROW』は、高校野球の入場曲に選ばれたり、24時間テレビでもよく歌われているから、どの世代でも知っているでしょう。

曲の歌詞は、岡本真夜さんが「地元の友達を励ますために書かいた」と言っているので、元気にさせてくれる失恋ソングにピッタリです。

キシ
『TOMORROW』は、応援ソングとしても人気があるので、元気を出したいときに聴くのが良さそうですね。

中島みゆき『慟哭』

女性アーティストが歌う失恋ソングの10曲目は、1996年に発売された、アルバム『大吟醸』に収録されている『慟哭』。

『慟哭』と言えば、真っ先に工藤静香さんが歌った『慟哭』を思い出すでしょうが、中島みゆきさんのバージョンの方が断然におすすめ。

曲の歌詞は、好きだった人に裏切られて激しく泣いている内容だけど、涙の中に強い怒りを感じさせてくれる失恋ソングでもあります。

キシ
『慟哭』は、聴けば怒りが満ちて来て元気が出そうだし、カラオケで歌えばテンションが上がりそうだから、絶対に元気が出るでしょう。

女性アーティストの失恋ソングがハマらなかった人へ!

今回ご紹介したのは、女性アーティストの元気が出る失恋ソングでしたが、できれば切なくなるような失恋ソングが良かった人もいるでしょう。

実は、過去記事に男性アーティストが歌う切ない失恋ソングをご紹介しているので、こちらがハマらなかった人へおすすめです。

男性アーティストの方は、失恋で落ち込んだ気持ちが、さらにどっぷり落ち込むような失恋ソングをご紹介しています。

キシ
元気を出したいなら女性アーティスト。切なくなりたいなら男性アーティスト。2つの失恋ソングを上手に聴いましょう。

まとめ

今回ご紹介した女性アーティストが歌う元気になる失恋ソング10選!【40代編】はどうでしたか?

女性アーティストが歌っているけど、男性が聴いても元気になる失恋ソングなので、男女を問わずにおすすめしたいです。

個人的に、おすすめの女性アーティストの失恋ソングは、中島みゆきさんの『慟哭』で理由はよく分からないけど、聴くと力がみなぎって来ます。

ちょっと不思議だったのが、1988年に発売された失恋ソングが3曲もあったことで、この時代となにか関係があるのかも。

どの女性アーティストが歌う失恋ソングも、歌詞の内容は違えど元気を出す源になるだろうから、失恋をして元気が欲しいときに聴いてください。

キシ
勝手なイメージで、男性より女性アーティストの方が、元気の出る失恋ソングが多いような気がします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 - 音楽・書籍