40歳を過ぎた独身男のド定番が人生を豊かにする!

独身男のド定番

良い音で聴こう!1万円以下で買えるおすすめイヤホンはこの5つだ!

      2018/05/05

音楽を聴く男性

通勤のときなど、スマホで曲を聴く際、付属しているイヤホンを、使っている人はいませんか?

付属のイヤホンでも、全く問題ないけど、音があまり良くないので、せっかくの名曲が台無しにあるかも。

そこで今回は、良い音で曲を聴くために、1万円以下で買えるおすすめのイヤホンを、5つほどご紹介します。

イヤホンに変えるだけで、音がかなり良くなるから、好きな曲がキレイに聴いたい人は、ぜひ変えましょう。

ちなみに、1,000円以下のイヤホンにすると、信じられないくらい音が悪いので、絶対に買うのは止めください。

安いイヤホンにすると良い音楽が台無し!

音楽を聴くとき、安いイヤホンを使っている人がいたら、今すぐ高いイヤホンに変えた方が、耳には良いですよ。

実際に自分も、1,000円以下のイヤホンで、音楽を聴きましたが、かなり音が悪く、好きな曲が台無しでした。

特に、安いイヤホンの場合、高がキレイに聴こえず、キンキンと響いていしまい、本来の音ではありません。

低音も、ズンズンと響くような音が、全く感じられないので、スゴく軽いチープな曲に、聴こえてしまいます。

スピーカーと同じように、安いイヤホンだと、音が悪くなるので、音にこだわる人は、すぐに変えましょう。

キシ
安いイヤホンと高いイヤホンで、同じ曲を聴くと、音質の違いがハッキリ分かりますよ。

Adorer M9 ハイエンドイヤホン

1つ目のイヤホンは、ユニークなデザインの「Adorer M9」で、耳へのフィット感が、抜群なのが特徴です。

その理由は人間工学に基づき、イヤホンのデザインをしているからで、さらに、遮音性も優れています。

他には、ハウジング(イヤーカップ)が、ステンレススチール製なので、価格以上の高級感があるのが特徴的。

高音は、キレイに聴こえるのに対して、低音は、ちょっと響きが弱いらしく、物足りなく感じる人がいるかも。

低音に不満を感じる人でも、3,000円台の価格帯ならば、コスパ的に見ると、全く問題ないはないでしょうね。

こんな人におすすめ!

ボーカル音がキレイに聴こえるので、ポップ系の曲が好きな人に、おすすめのイヤホンです。

キシ
デザインが優れているので、オシャレな人には、ピッタリのイヤホンかもしれませんね。

Decoka アクティブノイズキャンセリングイヤホン

2つ目のイヤホンは、通勤時にピッタリの「Decoka DK100 」で、ANCボタンをONにすると、曲に没頭できます。

外部からのノイズを、約90%もカットしてくれるので、英会話の勉強をするときにも、重宝しそうなイヤホン。

他には、モニターモードボタンをONにすると、音量を下げずに、周囲の音が聞こえるので、電車内の放送も大丈夫。

ネックなのは、イヤホンに充電が必要なことだけど、1.5時間の充電で最大20時間も使えれば、問題はないでしょう。

それでも、ハイレゾ対応・IPX4防水・IP5X防塵も付いており、1万円以下で買えるイヤホンなのに、機能が満載です。

こんな人におすすめ!

IPX4防水なので、スポーツをしながら音楽を聴く際に、おすすめのイヤホンです。

キシ
この機能で、4,000円でお釣りが来るとは、スゴくコスパが高いイヤホンですね。

Hi-Res対応 ステレオイヤホン

3つ目のイヤホンは、臨場感のあるサウンドが聴ける「popo·warp T8」で、低音と高音の伸びが、とても優れています。

ケーブルは、断線がしにくい高品質なので、ちょっとぐらい引っ張っても、切れる心配がなく、カバンに入れても安心。

他のイヤホンと同様、人間工学に基づいたデザインだから、フィット感も音漏れも、全く問題ないので大丈夫ですよ。

価格は、4,000円台ではありますが、使う人によっては、1万円台のイヤホンと、遜色ないと言っており、かなりのコスパ。

他にも、リモコン、マイク、ハイレゾ対応、Hi-Fi高音質、高遮音性、これだけ揃えば買っても、損はしないでしょうね。

こんな人におすすめ!

音域が広いので、いろいろなジャンルの曲を聴く人に、おすすめのイヤホンです。

キシ
低音も高音も、1万円以上のイヤホンと、遜色がないので、コスパは最強かも。

SoundPEATS Q30 Bluetooth イヤホン

4つ目のイヤホンは、アマゾン売れ筋1位の「SoundPEATS Q30」で、やはりポイントは、ワイヤレスで聴けること。

ワイヤレスで心配なのは、バッテリーも持ち具合だけど、このイヤホンの場合は、最大で連続8時間も使えるんです。

さらに、IPX6防水・IP6X防塵に対応しているから、スポーツ中に大好きな曲を聴いても、故障の心配はありません。

耳のフィット感も、軽量でコンパクトな設計なので、耳から外れにくくなっており、ランニングをしながらでも大丈夫。

音質は、少し気になる人もいるらしいけど、これだけの機能がついて3,000円台だったら、十分ではないでしょうか。

こんな人におすすめ!

軽量・コンパクト・ワイヤレスなので、ケーブルが気になる人に、おすすめのイヤホンです。

キシ
ワイヤレスで、IPX6防水なら、雨が降って来ても、全く問題ありませんね。

RHA MA600i ハイエンドイヤホン リモコン付き

5つ目のイヤホンは、ハイエンドな「RHA MA600i」で、ご紹介するイヤホンの中だと、最も高価なギリギリ1万円以下。

音質は、高級なハイエンドモデルだけあって、パワフルなサウンドを楽しめるので、お値段以上の価値はあるでしょう。

イヤホンのボディは、高級感のあるアルミニウム製なので、デザインもこだわりたい人には、まさにピッタリなのでは。

音漏れに関しては、ノイズアイソレーション仕様のプレミアムモデルなので、全く問題がないから、安心して曲を聴けます。

さらに、大抵のイヤホンが1年の保証なのに対して、このイヤホンは3年も、保証がついており、故障しても安心です。

こんな人におすすめ!

音にこだわりがあり、ハイエンドなモデルが欲しい人は、このイヤホンがおすすめです。

キシ
お値段は高いけど、音にこだわるなら、これくらい出さないと、ダメなのかもしれませんね。

まとめ

自分の場合、お金がもったいなくて、安いイヤホンを買ってしまい、ちょっと残念な音で曲を聴くはめに。

パソコンで動画を見るなら、1,000円のイヤホンで十分だけど、本格的に曲を聴くのは、ちょっと厳しいです。

特に安いイヤホンでは、低音と高音がキレイに聴こえないから、本当の曲とは、違う聴こえ方をしているかも。

やはり好きな曲を聴くなら、良い音の方が良いので、3,000円以上のイヤホンが、最低でも必要でしょうね。

特に、通勤電車で音楽を聴く人は、心地よい気分で、会社へ行きたいだろうから、音にこだわるべきでは?

キシ
音が悪いと、大好きな曲が台無しなので、安いイヤホンは止めた方が良いですよ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 - 音楽・書籍