40歳を過ぎた独身男のド定番が人生を豊かにする!

独身男のド定番

デートでおごる必要はない!女性とデートした際の上手な支払い方!

   

デート代をおごる男性

40代の自分が、20代だった頃は、付き合ってない女性と、デートをした際に、全額おごるのが、当たり前の時代。

しかし、最近になって知ったのは、デートでおごられたい女性は、ごく少数らしく、おごる必要はないとのこと。

おごらなくて良いのは、金銭的には楽だけど、自分から誘ったのに、割り勘をするのは、大丈夫なのでしょうか?

女性の言い分も、理解はできるけど、男は見栄っ張りの生き物だから、割り勘を切り出すのは、ちょっと難しい。

そこで、付き合ってない女性と、デートをした際のお金の支払い方を、全部で4つほどご紹介します。

最近の女性はおごられたくない?

40代の自分は、まだ20代だった頃は、付き合ってない女性でも、デートした際は、全額おごるのが当たり前。

実際に、何度かおごったことがあるけど、女性が支払わないことは、こちらも、当たり前だと思っていました。

あくまでも、当時の感想として、女性も男性が誘って来たデートだから、おごるのが当たり前と思っていたのでは。

しかし、最近はそうではなく、「付き合っていない男から、おごられる理由がない。」と、女性は思っているらしい。

女性の半分はおごられたくない

東洋経済ONLINEの記事(デートで「おごられたい」女性は実は少数派だ。)だと、独身女性の半分が、おごられたくないらしい。

あくまでも、数字上の話だから、これがすべて正しいと、受け入れるのは危険ですが、おごる必要はなさそうです。

男性はおごるべきだと考えている

さらに、上記の記事を読むと、独身の女性が半々だったのに対して、男性の場合は、大半がおごるべきだと、思っています。

男性の場合は、年代に関係なく、20代から40代まで、その傾向にあるので、女性との考えには、かなりの開きがありました。

キシ
自分が20代の頃にも、おごられたくない女性はいたので、その割合が多くなっているのかも。

おごられたい男性とそうでない男性の違い!

お金

女性が、おごられたくないのあれば、全く構わないけど、実際にデートに誘って、お金を請求して、大丈夫なのでしょうか?

自分は、自分から誘ったデートで、食事代などを請求したことがないから、実際のところは、よく分かりません。

そこで、友人の女性に聞いてみると、「相手の男性による」と言うのが、多い答えでした。

気のある男性だった場合

気のある男性だったら、おごって欲しいらしく、理由としておごる行為が、自分への好意の証だと、感じるみたいです。

女性と会話している中で、自分に気があるかもと、分かるようだったら、絶対におごった方が良いですね。

気のない男性だった場合

気のない男性だったら、おごられて弱みを握られたくないから、デートの際のお金を、支払って大丈夫らしいです。

女性と会話している中で、自分と気が合わないと感じたら、割り勘にした方が、良いのかもしれませんね。

キシ
すべての女性が、「おごられたい男性=気のある男性」とは限らないので、注意してください。

付き合ってない女性とのデート代の支払い方!

ナイフとフォーク

すべての女性ではないけど、付き合ってない男性とデートする際は、おごって欲しくないケースがあると、分かりました。

しかし、自分から誘っておいて、割り勘をお願いするのは、プライドが許さない男性も、多いのではないでしょうか。

そこで、上手にデート代を支払う方法を、4つほどご紹介するので、このおごり方だったら、女性も大丈夫なはずです。

とりあえずデート代を全額を払う

おごるのか、おごらないのか、この選択あとにして、デート代を自分が先にすべて払うのは、どうでしょうか。

すべて払った上で、女性がおごられたくないなら、半分くらい出してもらえば、良いと思います。

逆に、女性がなにも言わなければ、こちらも特になにも言わず、気にせずそのままデートしてください。

女性に細かいお金だけ出してもらう

支払いの際に、大きなお金は自分が出して、細かいお金を女性に出してもらうのは、どうでしょうか。

例えば、6,542円だったら、542円か1,542円を出してもらうことで、おごりにはなりませんからね。

全額のおごりも、割り勘も嫌だと言う女性には、少しだけ出してもらうのが、一番の方法ですね。

次のデートの際に今度はおごってと言う

次のデートに誘う口実として、「今回は自分がおごるけど、次はおごって」と言うのは、どうでしょうか。

実際に、自分もこの方法で、おごったことがあり、女性は納得していたから、これで大丈夫だと思います。

ただし、この方法でデートした女性とは、1回も次がないので、本来はダメなのかもしれませんが。

脈がないと分かったら割り勘にする

こちらは、実際にやったことがありませんが、脈が全くないと感じたら、割り勘にするのは、どうでしょうか。

脈がないのであれば、次のデートもない訳で、相手にどう見られても良いから、気にせず割り勘にできるはず。

相手の女性だって、気のない男性におごられるくらいなら、割り勘にした方が、気持ちが楽だと思いますよ。

キシ
脈がない女性の場合で、少しぐらいは、自分が多くお金を、出しましょう。

なぜ男はデート代をおごりたいのか?

最初にも書きましたが、男は見栄っ張りの生き物なので、女性の前では、カッコいい男でありたいはずです。

自分も、その傾向が強いので、デートに誘っておきながら、割り勘にすることは、基本的に考えませんでした。

そもそも、デートに誘う女性は、自分が気になっている女性なので、おごらないのは、ダサすぎませんか?

最低限のマナーとして、自分から誘った訳だから、デート代くらい持たないと、男としてカッコ悪いですよ。

たぶん、この考え方が根強いので、付き合ってない女性だとしても、男性はデート代をおごるのでは。

女性は、おごられることで、気があると勘違いされたくないでしょうが、1回目のデートだったら大丈夫。

さすがに、一度のデートに、付き合ったぐらいで、自分に気があると、勘違いはしませんよね?

キシ
ちなみに、女性から誘われた際は、割り勘にしています。片手で足りる程度しか、経験がないけど。

女性におごる際に使ってはダメな言葉!

ダメ出しをする女性

女性にデート代をおごった際、絶対に使ってはダメな言葉があり、それが自ら「おごってあげる」と言うこと。

自分から「おごる」と言うと、恩着せがましく聞こえるので、絶対に言葉に出してはいけません。

冗談が通じる女性だったら、「おごる」と言っても大丈夫だけど、そうではない場合は、嫌われますよ。

実際に払う際は、「とりあえず出しておく」とでも言って、その場をやり過ごしてください。

女性が、どうしても払うと言えば、お金をもらえば良いし、そうではなかったら、そのままおごりましょう。

キシ
見栄を張りたいなら、絶対に「おごる」とは、口に出さないでください。

まとめ

デート代を、男性がおごるのは、当たり前だと思っていけど、時代とともに、変わってきているのかも。

バブル時代にいた、アッシーやメッシーのことを、今の若い女性に話したら、ビックリするのでしょうね。

今は、当時よりも景気が良くないし、男性も貧乏をしているので、とてもアッシーやメッシーは無理。

幸いなことに、今の女性は割り勘でも、大丈夫らしいから、気張らずにデートへ誘えますね。

ただし、おごって欲しい女性も、まだ普通にいるので、判断を間違えないように、ご注意ください。

キシ
まずは自分がすべて払い、あとで女性がどう出るかで、判断するのが良いでしょうね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 - 恋愛・結婚