40歳を過ぎた独身男のド定番が人生を豊かにする!

独身男のド定番

ギャラが出るチャリティー募金番組の24時間テレビは本当に正しいのか?

      2017/03/05

女子高生

8月の後半になると日本テレビの「24時間テレビ 愛は地球を救う」が放送されます。個人的には、ほとんど「24時間テレビ 愛は地球を救う」を見たことはありませんが、チャリティー番組であるのに、ギャラが発生すると、毎年のように批判をされていますよね。自分も、本来ならボランティアであるべきなのに、出演者にギャラが発生することは疑問です。果たして、「24時間テレビ 愛は地球を救う」のチャリティーのやり方は、正しいのでしょうか?それとも間違っているのでしょうか?さらに、自分が、必ず募金をしている団体と、募金活動のあり方も合わせてご紹介します。

「24時間テレビ 愛は地球を救う」の募金活動

毎年、8月の後半くらいになると「24時間テレビ 愛は地球を救う」を日本テレビが放送をしてます。

自分は、「24時間テレビ 愛は地球を救う」の中の「笑点の大喜利」くらいなら見たことがあるのですが、基本的には、ほとんど見ることはありません。

その理由として、チャリティー番組なのに出演者へギャラが発生しているからです。

アメリカなどでは、チャリティー番組で出演者にギャラが発生することはまずないそうで、仮に発生したとしても、交通費くらいだそうです。

帰国子女のタレント・西田ひかるさんが、「24時間テレビ 愛は地球を救う」に出演してギャラが発生したことに、驚いた話はかなり有名ですからね。

さらに、ギャラをもらって、24時間を走ることに何の意味があるか、自分には正直なところ全く分かりません。

一応、24時間を走ることで、感動が届けられるそうですが、お金をもらって走っても、それはただの仕事だから、あくまでも自分の場合だけど、感動することはありませんし、それを見て募金をしようとも思いません。

それなら、募金箱を持って24時間マラソンをした方が、沿道で見ている人から募金が集まるので、効果があると思うのですが、どうでしょうか?

それとも、ジャニーズのタレントが募金箱を持って街へ繰り出だせば、相当な募金が集まると思うのですが、それだとテレビ番組としておもしろくないから、ダメなのかな?

キシ
毎年、「24時間テレビ 愛は地球を救う」を楽しみにしてる人たちは大変申し訳ありませんが、自分はこの手の番組が全くダメです。すみません。

ノーギャラがダメな本当の理由!

お金

「24時間テレビ 愛は地球を救う」の主演者にギャラが払われているのは分かっていますが、それならノーギャラで出演すれば良いと思ってしまいますよね。

明石家さんまさんが、「24時間テレビ 愛は地球を救う」に出演しないのは有名ですが、その理由がギャラの問題で、さんまさんは「ギャラをすべて募金したい」と言ったそうです。

たぶん、これを聞いたテレビ局の人は、さんまさんがギャラをすべて募金してしまうと他のタレントにも影響してしまうから、出演をさせない方針になったのでしょうね。

他には、萩本欣一さんが「24時間テレビのギャラが少ないからもっと高額にしろ!」と言ったそうで、ギャラが高くなったら今度は「その高くなったギャラを全額寄付する」と言った話は有名です。

どちらもかなり良い話ですが、ギャラを何も言わずに受け取って、出演したあとに黙って募金すれば問題ないと思ってしまうのは自分だけ?

話を戻して、テレビ局がタレントに支払うギャラを全額寄付すれば相当な募金が集まるのに、それをやならいのはなぜでしょうか?

ここからは予想でしかありませんが、芸能事務所との関係があるからだと自分は思います。

芸能事務所としては、タレントが働かないとお金にならない訳で、商品であるタレントが24時間も働いているのに1年も稼げないのは困るから、テレビ局からギャラを、出させているのではないでしょうか?

では、仮にノーギャラでも全く問題ない芸能事務所とそのタレントさんだけで「24時間テレビ 愛は地球を救う」を作ったらどうなるでしょうか?

ジャニーズのような人気のあるタレントを使うから、世間の人が興味を持って募金をしてくれると思うので、人気がなかったり、知らないタレントさんでは、注目度が薄れてしまい、集まる募金が少なくなると思います。

アメリカなどは、超有名なタレントさんや俳優や歌手が、チャリティーイベンドに出演するだけで、ビックリするような額が集まりますからね。

テレビ局側も、費用対効果で考えれば、タレントの人件費が0円だったとしても、少ない募金しか集まらないのならば、人件費を掛けてたくさん募金を集めた方が良いと、考えてるのではないでしょうか。

有名なタレントが出演してくれた方が、大きなスポンサーも集まりやすいですからね。

キシ
本当は、有名なタレントがノーギャラで出演して、募金がたくさん集まるのがベストですが、24時間テレビに出ることは、ボランティアではなく、仕事だと思っている芸能事務所やタレントさんが、多いってことなのでしょうね。

必ず自分は募金をします!

「24時間テレビ 愛は地球を救う」の募金活動は、あまり好きにはなれませんし、そもそも自分が住んでいる田舎では、どこにも募金箱がありません。

もしかしたら、募金なんて大嫌いに見えてしまう自分ですが、そんな自分でも、必ず募金活動をしているのが目に入れば、募金をするようにしている団体があります。

その団体とは、親を亡くしたりしている子ども達を、助ける活動をしている「あしなが育英会」です。

あしなが育英会は、病気や災害、自死(自殺)などで親を亡くした子どもたちや、親が重度後遺障害で働けない家庭の子どもたちを物心両面で支える民間非営利団体です。(あしなが育英会より)

自分の場合は、成人する歳に父親を亡くしたのですが、社会人だったのでお金の面ではあまり苦労はしませんでした。

でも、高校生だったり大学生だったら、無事に卒業できたか分からなかったので、自分と同じように親を亡くしている子ども達のために、何かしたいと思い「あしなが育英会」に募金をしています。

そんな「あしなが育英会」の募金活動ですが、ちょっとだけ問題があると自分は思うんです。

「あしなが育英会」の募金活動を見たことがある人なら知ってるかとは思いますが、公衆の面前で多いな声で募金活動をさせることに、ちょっとだけ違和感があるんです。

以前にある街で見掛けたのですが、高校生くらいの男の子がたった一人で「募金をお願いします」と大声で募金活動をしていました。

複数の人と一緒に募金活動をするなら、問題はないと思うのですが、たった一人で大声を上げながら募金活動をしていると、周りの人がちょっと引いてしまっているように見えたんです。

言葉は悪いですが「見せしめ」のようにすら見えてしまい、かなりその男の子が、かわいそうに自分は見えてしまいました。

自分としては、男の子と女の子がペアを組んで、ただ声を張り上げて募金をお願いするのではなく、遠くまで声が届くような優しい声(ちょっと難しいかもしれないけど)で活動した方が募金が集まると思います。

特に、カワイイ女子高生から「募金をお願いします!」なんて言われたら、すぐに募金しちゃう男性も多いと思いはずですからね。

赤い羽根共同募金をしたことがある人は多いと思いますが、もし、街角で「あしなが育英会」の募金活動を見掛けたら、気持ちだけで良いから、募金してもらえると親を亡くしている自分としてはうれしいです。

キシ
男は単純だから、カワイイ女の子に弱いんです。動機が不純だったとしても、募金が集まれば子ども達は、高校や大学へ行けるはずなので、やり方を考えた方が良いと思います。

まとめ

昔からお金には名前が書いていないと言いますが、募金をするお金だって名前は書いてありません。

1人が1億円を募金しても、1000人で1億円を募金しても、1億円は1億円です。

障がいを持っている人からすれば、1円でも多く募金が集まった方が良いはずなのですが、金額は別として、たくさんの人から募金が集まった方が良いと、日本テレビは思っているのでしょうね。

売名行為でも全く構わないので、お金を持っていそうな人たちに、片っ端にお願いすれば、相当な募金が集まると思うのですが、それはキレイなお金じゃないからダメなのかな?

これを偽善と言うかどうかは人それぞれだし、「24時間テレビ 愛は地球を救う」が正しいと思っている人だって、いるだろうから構いません。

でも、できることなら、運営に掛かるお金は仕方がないとして、タレントの人件費くらいは、ノーギャラにするくらいの大英断をして、「24時間テレビ 愛は地球を救う」は正しいと思わせて欲しいです。

キシ
選挙のときは、手伝ってくれる人たちに、お金を払ってはダメなのですが、24時間テレビも同じことができると思うんだけど・・・。
キシ
この記事はキシが担当しております。
★キシの担当記事一覧★

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 - おもしろ