40歳を過ぎた独身男のド定番が人生を豊かにする!

独身男のド定番

ブログのネタに困っても「ただ思った事」を記事にしてはいけない!

      2018/05/28

ネタに困る男性

ブログを書きたいけど、ネタが見つからない。ブロガーの人なら、最低でも1回は経験しているこの事態。

自分はブロガーで言ったら、ミジンコやミドリムシなので、ネタが見つからないことは、毎週のようにあります。

そんなときは、自分が「ただ思ったこと」を、ネタにして記事を書いたけど、これが大きな間違いだったんです。

もし、みなさんのブログが、アクセスを重要視しているなら、絶対に「ただ思ったこと」を記事にしてはダメ。

その証拠に、当ブログがネタに困り、ただ思ったことを記事にした結果、アクセスが全くありませんでしたから。



「ただ思ったこと」を書くのは日記ブログ!

日記を書いている男性

ブログのネタに困ったとき、以前からなんとなく思っていたことを、記事にした経験はありませんか?

子供の頃に遊んでいたこと、学生の頃はツラかったことなど、昔を思い出しながら、書いたことがあるのでは。

当ブログも過去に、「思い出して!通っていた学校の校則(規則)が厳しくなかったですか?」と言う記事を、書きました。

高校生の頃を思い出して、校則のことを記事にしたけど、こんな記事を書いて良いのは、日記のようなブログだけ。

もしくは、○○○○さんのような有名プロブロガーさんだけです!

自分は、ミジンコやミドリムシと、同レベルのブロガーなので、ただ思ったことを記事にしても、アクセスは集まりませんでした。

キシ
ネタに困っても、思ったことを書いただでは、アクセスが集まりませんでした。

実際に記事を書いたらこんな結果だった!

ショックを受ける男性

では、ただ思ったことを記事に書くと、一体どうなるのか、みなさんも知りたいところでしょう。

そこで、ご紹介したの記事が、2017年1月から10月まで、どのくらいのアクセスか調べたら、こんな結果になりました。

ある意味では、削除した方が良いレベルの記事かもしれないので、そのうちに、消しちゃうかもしれませんね。

思ったことを書いただけ記事のアクセス数

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月
PV数 26 40 29 3 16 12 11 17 13 38

これは、ご紹介した記事の1日のアクセス数ではなく、1カ月のアクセス数で、なんと最低が1カ月に3アクセスだけ。

1カ月に3アクセスって、10日に1人しか見てない!

多くても40アクセスなので、1日1人ぐらいしか見ておらず、かなり恥ずかしい結果になってしまいました。

なにも考えず、ただ思ったことを書くと、この程度のアクセス数しか集まらないので、くれぐれもご注意ください。

キシ
本当に、お恥ずかしいアクセス数しか、集められていません。今度、リライトしようかな。

なぜ「ただ思ったこと」を記事にしてはダメなのか?

上記のように、ただ思っただけのことを記事にしても、アクセスを全く望めないことが、お分かりいただけたでしょう。

でも、これは当たり前で、自分の場合は「ただ思っていること」を書いた際に、全くSEO対策をしていないからです。

キーワードの絞り込み、競合するサイトのレベル、月間の検索数など、なにもしていなければ、アクセスはありませんから。

逆に言えば、「ただ思っていること」を書く際に、しっかりSEO対策をすれば、検索サイトからアクセスは望めます。

そこで、まず自分がネタに困ったとき、やっていることをご紹介するので、記事を書く際の参考になれば幸いです。

キシ
ただ思うがままに、記事を書くだけでは、アクセスは望めません。当たり前だけどね。

ネタに困ったときにおすすめな方法!

ただ思ったことを書いていたけど、それではダメだと分かり、まずは根本的にネタを探す方法から、考え直しました。

いろいろなサイトから、ブログのネタの探し方を教えてもらい、自分にピッタリだったのが、以下でご紹介する2つです。

この方法を取ってから、飛躍的にアクセスが増えてはいないけど、思ったことを書いていた頃よりは、増やせました。

ニュースサイトを巡回する

ネタりか、グノシー、スマートニュース、Yahoo!ニュースなどを巡回して、興味を持った記事を参考にすることです。

その際に、自分の場合は、役に立つか、ネタを掘り下げられるか、この2つをポイントにして、記事にするか決めます。

ただし、トレンド系のネタは、旬が過ぎるとアクセスが望めないので、基本的には書かない方が良いしょう。

似たようなコンセプトのブログを読む

1つ目は、自分のブログと似たコンセプトのブログを探し、どんな記事を書いているか、参考にすることです。

ただし、注意して欲しいのは、あくまでも目的は、記事を参考にすることで、記事をパクることではありません。

どのような記事が人気か分かれば、それをヒントに違う角度から、記事を書くようにすると、記事が書けます。

5ちゃんねるのような掲示板を見る

2つ目は、5ちゃんねる(旧2ちゃん)のような掲示板を見ることで、ブログのコンセプトに似たスレッドを探すことです。

そのスレッドを読んでいると、ブログのネタのヒントが見つかるので、あとは情報を集めて記事にするだけ。

ただし、掲示板のネタをそのまま記事にしたら、ただのまとめサイトになるので、その点は間違えないように。

キシ
ネタが思い浮かばないときは、2つの方法でネタを探して、次にご紹介する方法を行います。

ネタを見つけたあとにすること!

パソコン

上記でご紹介した2つの方法で、ブログのネタが見つかったら、次にやることは、SEO的に意味のあるキーワードかどうかです。

自分が書きたい記事であっても、競合しているキーワードやアクセスが望めないキーワードだと、書いても意味がないでしょう。

そこで自分の場合は、以下のような順番で、見つけたネタのキーワードを調べながら、どのような記事を書くか考えています。

1.サジェストツールで検索語を探す

まずは、サジェストツールを使って、見つけて来たネタに付随するキーワードを、何個か見つけます。

サジェストツールは、何個か種類があるけど、自分は以下のサイトがおすすめです。

ただし、サジェストの結果が、ときどき出ないときがあるので、そのときは他のツールを使いましょう。

サイト名

KOUHO.jp

2.「キーワード・プランナー」で検索数をチェック

上記で、キーワードを見つけたら、もともとのキーワードと合わせて、どのくらい検索数があるか、キーワード・プランナー調べます。

自分が調べる際のポイントは、月間平均検索ボリュームが「100~1,000」を基準にしており、これより少ない場合は却下。

複数のキーワードで調べていると、「100~1,000」の条件を満たすものが見つかるので、そうしたら次の作業へ移行です。

3.「aramakijake.jp」で詳細な検索数をチェック

キーワード・プランナーを無事に通過をしたら、今度は「aramakijake.jp」で、詳細な検索数を調べます。

ここで、ある程度の月間推定検索数が多かったら、次の作業へ移行して少なければ、また始めからやり直しです。

「aramakijake.jp」では、10位まで検索数が分かるから、下位でも検索数を稼げそうなキーワードが、良いでしょう。

サイト名

aramakijake.jp

4.「SEOTOOLS」でキーワード難易度をチェック

ここまで来たら、最後に「SEOTOOLS」を使い、どのくらい上位に食い込むのが、厳しいのかを調べます。

ランクは、高い順にSランクからEランクまであり、Bランクまでだと、上位に食い込むのは厳しいから、またやり直し。

ここでCランク以下が出た場合は、このキーワードで大丈夫だから、あとは記事を作成するだけです。

サイト名

SEOTOOLS

キシ
これをやっても、アクセスが伸びない記事があるから、SEO対策は本当に難しいです。

上記の方法を試したらアクセスが増えた!

アクセス数の推移

※具体的な数字は、自慢できるレベルではないから、察していただけると幸いです。

ブログを始めたのが2016年の2月で、最初の頃は「ただ思ったこと」を、記事にしていたから、アクセスは平行線。

しかし、ここ数カ月前から、今まで以上にSEO対策を、意識するようになったら、アクセスが右肩上がりになりました。

記事の数が増えれば、アクセスはおのずと上がるので、当たり前なんだけど、それでも去年のより、上がり方が良くなっています。

本来なら、半年ぐらい過ぎた時点で、記事の書き方を考え直すべきだったのに、自分は1年が過ぎてから気づきました。

もっと、早く気づかないと、ダメじゃん!

ただ思ったことを、ただ思うがままに、記事を書いたところで、読んでくれる人は少ないから、最低限のSEO対策をしてください。

キシ
アクセスが右肩上がりとは言え、まだ公表できるレベルではありません。もっと、頑張らなきゃダメですね。

まとめ

ブログのネタに困っても、「ただ思ったこと」を書いてはいけない理由が、分かってもらえたでしょうか。

しっかり、SEO対策をした上で「ただ思ったこと」を書くなら大丈夫だけど、ただ書いただけでは、アクセスは望めません。

もしくは、○○○○さんのような有名プロブロガーだったら、ただ思ったことを書いても、アクセスがあるでしょうけど。

自分は、ネタを見つける方法もSEO対策も、1年以上が過ぎてやっと見つかったから、これを読んだ人は、今すぐやってください。

ただし、自分はご紹介した方法をやっても、まだまだアクセス数を公表できないので、もっと頑張らないとダメですね。

キシ
この記事が、3カ月後に削除されていたら、ネタの見つけ方とSEO対策に、失敗したと思ってください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 - ブログ