40歳を過ぎた独身男のド定番が人生を豊かにする!

独身男のド定番

雑記や専門でも複数のブログを運営した方が良い3つの理由!

      2017/08/02

BLOGと書いてある木材

ブログを始める際は、自分の得意分野や好きなことをメインにして作るでしょうが、当然まずは1つだけしか持たないでしょう。

でも、ブログで運営しているうちに、2つ以上の複数のブログを持った方が良いと思い、複数のブログを運営しようと検討したことがあるのでは?

そこで今回は、雑記ブログや専門ブログでも、2つ以上の複数でブログを運営した方が良い理由を、3つほどご紹介します。

実際に、雑記ブログ1つと専門ブログ2つの運営していますが、複数のブログを運営して良かったと思うことの方が多いので、3つ作って正解でした。

ただし、複数のブログを運営する際の注意点を守らないと、最悪の場合は全部のブログがダメになるかもしれないので、くれぐれも注意してください。

カテゴリーを分散した方が記事を読まれやすい!

女子高生

雑記ブログを運営しているから、別に複数のブログを持つ必要がないと思う人もいるでしょうが、自分はそうではないと思っています。

その理由として、雑記ブログだからと言ってなんでもかんでもカテゴリーを作り、記事を書けば良いとは限らないからです。

読み手からすれば、たくさんカテゴリーがあると、他に読みたい記事やどんなブログなのか分からないので、すぐに離脱する可能性があります。

さらに、当ブログを運営して分かったのが、たくさんカテゴリーがあっても、読まれるカテゴリーが限定してくることです。

例えば当ブログで言うと、初めの頃は趣味である競馬や巨人のことをこちらのブログで書いていたけど、今はもう1つのブログへ移行しました。

読む側としたら、競馬や巨人のことを知りたいのに、全く関係ない記事があると「なんだこのブログ?」になってまい、すぐ離脱するでしょうからね。

それなら、雑記ブログでも2つに分散させて記事を書けば、読み手にとっては読みやすくなり、ブログの購読者になってくれるはずです。

キシ
実は当ブログで読まれないカテゴリーは、この記事の「ブログ」です。果たして読んでくれるのだろうか・・・。

アクセスやアドセンスのリスクを回避できる!

女子高生

ブログを運営していれば、アクセスが気になったりアドセンスの収益が気になったりするのは、誰でも思うことでしょう。

特に最近は、Googleが頻繁にアップデートを行って、検索順位の変動が大きくなっているから、大変な思いをしている人がいるかもしれません。

実は当ブログも、5月に起きたGoogleの新しいアップデートに引っ掛ってしまい、急激にアクセスとアドセンスが減ってしまったことがありました。

間違った方法でブログを運営していなければ、しばらくするとアクセスが戻って来るので問題ありませんが、常にリスクを抱えている状態になってしまいます。

そんなときにもう1つブログを運営していると、そちらの方がGoogleのアップデートに引っ掛っていなかったら、アクセスやアドセンスの心配がありません。

どちらともダメになってしまうと大変ですが、アクセスやアドセンスのリスクを回避させるためには、2つぐらいブログを運営した方が安全です。

幸いなことにもう1つのブログは、5月に起きたGoogleの新しいアップデートに引っ掛らなかったので、2つに分けたことで助かりました。

キシ
アクセスやアドセンスのリスクを回避したい場合は、複数のブログを持った方が安全です。実際に自分も助かりましたから。

1つのブログに飽きたときの気晴らしになる!

女子高生

たくさん記事を書いていると、ブログのカテゴリーの中で書きたい記事が見つからなくなり、困ってしまうことがありませんか?

特に専門ブログだと、雑記ブログよりもカテゴリーの幅が狭いだけに、ネタが見つからないと全く作業が捗らない場合があるでしょう。

実は当ブログともう1つの「ドスポグ」の他に、専門ブログを1つだけ運営しているのですが、ネタが尽きてしまい困ったことが何度もありました。

そんなときに助かるのが他に運営しているブログで、全く違う内容の記事を書けるから、気分転換をするにはピッタリなんです。

複数のブログを運営していると、例えばAのブログで書きたいことが見つからなければ、Bへ行きBがダメならCへ行けば、書きたい記事が見つかります。

別のブログの記事を書くことで、新しい記事のネタも見つかったりするので、複数のブログを運営した方が行き詰まることが減るのでは。

好きなことを好きに書いているなら、こんな必要はありませんが、ブロガーとしてお金を稼いでいるなら、複数持った方が良いでしょう。

キシ
3つもブログがあれば、どれか1つのブログのカテゴリーで、書けそうな記事が思い浮かぶから、行き詰まることは少ないです。

複数のブログを運営する際の注意点!

女子高生

複数のブログを運営した方が良いと分かりましたが、運営する際には注意点があり間違ってしまうと、最悪の場合はすべてのブロブがダメになるかもしれません。

そこで実際に複数のブログを運営している自分が、更新する際などに注意していることを全部で6つほどご紹介するので、参考にして欲しいと思います。

ブログのテンプレートはすべて同じものを使う!

複数のブログを運営する場合、違うテンプレートを使いたくなる人もいるでしょうが、それは時間と手間が掛かるのは止めましょう。

同じテンプレートを使っていれば、カスタマイズやメンテナンスをしたときに、やり方を覚えればあとは同じことを繰り返せば良いのでかなり楽です。

安定しているレンタルサーバーを使う!

WordPressで複数のブログを運営するなら、サーバーが重くならない、安定したレンタルサーバーを使った方が良いでしょう。

当ブログは以前に、「さくらのレンタルサーバー」を使っていましたが、複数のブログを運営するならエックスサーバーの方が良いと聞いたので、途中で変更しました。

複数あるブログの優先順位を付ける!

複数のブログを運営していると、どれも同じように運営をしたくなるでしょうが、それは危険なので止めた方が良いでしょう。

ブログに優先順位を付けて、メインのブログを中心にブログを運営すれば、仮に中途半端になってもどのブログを生かせば良いか分かるからです。

メインブログの記事に集中!

記事を書く際は、真っ先にメインの記事を書くようにして、それから2番目、3番目と下の順位のブログの記事を書くことです。

例えば自分の場合、メインはほぼ毎日、2つ目は3日に1回ぐらい、3つ目は1週間に1回ぐらいの割合で、更新するようにしています。

2つ目以降はサブブログの気持ちで運営!

メインではない他のブログは、あくまでもサブブログぐらいの楽な気持ちで運営した方が、行き詰まることが減るでしょう。

自分の場合もそうですが、サブブログがダメになってしまってもメインがあるから大丈夫ぐらいの気持ちで、サブブログの運営をしています。

メインブログが安定してから作る!

メインブログを作ってすぐに2つ目のブログを作ると、パワーバランスが定まらないので、2つともダメになってしまう可能性があります。

そこでまずは、1つ目のブログを作り半年ぐらいして運営を理解してから、2つ目以降のブログを作って運営した方が良いでしょう。

キシ
全部のブログで成功できれば良いですが、あまり力み過ぎるのは良くないので、とりあえず2つ目以降は楽な気持ちで運営しましょう。

3つのブログを運営して思ったこと!

女子高生

今は雑記記事がメインの当ブログ、2つ目が野球と競馬がメインのブログ、3つ目が専門的な内容のブログ、この3つのブログを運営しています。

初めの頃は、記事やカスタマイズやメンテナンスで大変でしたが、慣れて来るとちょうど良いペースが見つかり、なんとか運営できるようになりました。

まだまだアクセスやアドセンスは、自分の理想と程遠いけど、ペースをつかめたことで無理せず運営できるのはありがたいです。

人との付き合いもそうですが、1人に集中し過ぎてしまうと、問題が起きたり疎遠になったりしたら、寂しくてツラくなてしまいます。

特に恋愛の場合は、彼女にフラれたら抜け殻のようになってしまうので、適度なバランスでお付き合いをした方が良いんです。

付き合いや恋愛のことを踏まえて考えると、ブログも1つだけに集中してしまうと、ダメなってしまったときに空っぽになってしまうかもしれません。

上記のようにならないためも、複数のブログを運営することで最悪なケースを回避できるから、運営が大変なときもありますが作って良かったですね。

キシ
メインのブログが親友なら、サブのブログは普通の友だちと言う感じでしょうか。ただし、女性に言い換えるのは、危険なので止めましょう。

まとめ

今回ご紹介した雑記や専門でも複数のブログを運営した方が良い3つの理由!はどうでしたか?

注意点をしっかり守れば、複数のブログを運営することは難しくないので、検討している人はぜひ2つ目のブログ作ることをおすすめします。

ただし何度も言いますが、注意点を間違えてしまうと、せっかく作ったメインブログまで、ダメになるもしれないので注意してください。

実際に自分も、複数のブログを運営していて大変なこともありますが、良いことの方が多いので運営して正解でした。

メインブログが順調になったら、まずは失敗しても良いくらいの楽な気持ちで、2つ目のブログを始めるのはどうでしょうか。

キシ
無理やり複数のブログを運営する必要はありませんが、検討しているなら、まず試しに作くることをおすすめします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 - ブログ