40歳を過ぎたプロ独身男のド定番が人生を豊かにする!

独身男のド定番

簡単にできるシンプルな部屋の作り方は床をフローリングに変えるだけ!

      2018/10/15

フローリング

こんにちは。つい最近、部屋に敷いてあった、カーペットを片付けて、フローリングに変えた、独身ブロガーのキシです。

シンプルな部屋を作りたい人は、試行錯誤しているだろうけど、実はフローリングにする方法が、一番なのを知ってますか?

実際に、カーペットからフローリングに変えたら、部屋に統一感が出て、見違えるくらい、シンプルな部屋が完成しました。

フローリングにすると、シンプルな部屋が作れるだけでなく、他にもメリットがあるので、これがベストな選択でしょう。

ただし、デメリットもあるので、それを踏まてから、カーペットにするか、フローリングにするか、決めてください。

カーペットからフローリングに変えました!

キレイな部屋

つい先日、以前からカーペットの汚れが、気になっていたから、思い切って、床をフローリングに変えました。

ラグマットだったら、簡単に洗濯ができるけど、カーペットの場合は、サイズが大きいので、洗濯がスゴく大変。

おまけに、毛が長いカーペットなので、ホコリが溜まりやすいから、洗うのも乾かすもの、かなりの手間です。

結局、部屋の汚れと洗濯の手間、この2つを考えた結果、カーペットを外して、フローリングの床に変更。

フローリングに変更する際は、ホコリがスゴく出るので、必ずマスクをしてから、カーペットを外しましょう。

あと、カーペットの上の家具も、移動する必要があるので、ついでに、部屋の模様替えはどうですか?

キシ
ちなみに、自分の場合、テレビの位置を、西側から東側に変えました。

フローリングに変えて良かったこと!

床を、フローリングにすることは、メリットが分かっていたので、かなり前から、検討をしていました。

部屋にいる時間が短いなら、カーペットで良いけど、インドアの人なら、フローリングの方が良いですよ。

ただし、カーペットは、いつか使う可能性があるから、捨てずにクローゼットなどへ、仕舞っておきましょう。

部屋がシンプルに見える

フローリングにすると、床が統一された結果、部屋がシンプルに見えで、とても気持ちが良い。特に、暑い夏は、フローリングですね。

部屋の掃除が簡単

フローリングにすると、床を掃いて拭くだけだから、とても掃除が、簡単になりました。カーペットだと、掃除機が必要ですからね。

電気代が抑えられる

カーペットの場合は、掃除機を使うけど、フローリングにすると、掃きと拭きだけなので、掃除機は不要。電気代は、掛かりません。

キシ
フローリングにして、一番に良かったのは、掃除が楽になったことですね。

フローリングの掃除で必要なグッズ!

掃除グッズ

自分の部屋のように、カーペットからフローリングに変えた場合、掃除機を使う必要は、もうありません。

前にも書いた通り、基本は、掃き掃除と拭き掃除なので、それに必要な道具を、あとは揃えるだけです。

掃除機を使っても、綺麗な部屋になるけど、電気代を考えたら、必要な道具を揃えた方が、お得だと思います。

ホコリを取るほうきとちり取り

まずは、ホコリを取るために、「ほうき」と「ちりとり」を、買いましょう。2つのグッズは、100円均一の商品でも、全く問題ありませんよ。

床を拭くためのフロアワイパー

次に、床を拭くモップが必要なので、使いやすいフロアワイパーを、買いましょう。おすすめは、やはり「クイックルワイパー」ですね。

床の除菌ができる専用の洗剤

フロアワイパーで拭く際、除菌もしたいので、専用の洗剤を、買いましょう。自分の部屋では、「かんたん マイペット」を、使っています。

床の光沢を出すためのワックス

フローリングを、ピカピカにするなら、専用のワックスを、買いましょう。おすすめは、「リンレイ オール 1L」で、これ一本あれば十分です。

キシ
部屋を綺麗するには、この4つがあれば、ほぼ大丈夫です。

フローリングの掃除の手順!

必要なグッズが、すべて揃ったら、あとは、掃除をするだけなので、しっかり手順を守ることが必要。

手順を守らないと、部屋が汚れたり、ホコリが目立ったり、せっかくのフローリングが、台無しです。

ただし、毎日が1つ目、2日に1度が2つ目、6カ月に1度が3つ目、この3つだけなので、面倒ではありませんよ。

毎日ほうきを使いホコリを取る

まず、フローリングのホコリを取るために、ほうきを使い、部屋の掃き掃除。その際、テレビの裏などを、忘れないように。あとは、ちりとりを使い、ホコリを取りましょう。

2日に1度はワイパーで床を拭く

次は、フロアワイパーを使い、床の拭き掃除。その際に、「かんたんマイペット」を、ワイパーの布にスプレーすること。これで、掃き掃除をしながら、床を除菌できます。

6カ月に1度はワックスを塗る

フローリングに、光沢を持たせるため、6カ月に1度ぐらいは、ワックスを塗ること。ワックスを塗ると、フローリングの耐久性が、かなりアップするから、おすすめですよ。

キシ
これだけやれば、かなり部屋が綺麗になるので、スゴく気持ちいいですよ。

フローリングにはデメリットもある!

冷たい床

フローリングにすると、掃除機を使うよりも、掃除が簡単で、電気代も掛からないから、まさに一石二鳥です。

しかし、フローリングにも、デメリットがあるので、それを踏まえた上で、やるかどうかを、決めてください。

一戸建ての場合なら、特に大丈夫だろうけど、賃貸アパートの2階以上だと、止めた方が良いかもしれません。

部屋のゴミやほこりが目立つ

フローリングの場合、どうしても、床のホコリが目立つので、これがデメリット。カーペットなら、あまり目立たないから、1日ぐらいは、掃除をサボれますからね。

下の階に物音が響いてしまう

2階以上に住んでいる場合、フローリングだと、物音が下の階に響き、苦情が来るかもしれません。特に男性は、体が大きいから、足音も大きくなり、下の人は迷惑かも。

冬になると床が冷たくなる

夏のフローリングは、冷たくて気持ち良いけど、冬の場合は、キンキンに冷たいので、完全に不向きです。冬の場合は、ラグマットを用意した方が、良いかもしれません。

キシ
この中で、一番に気をつけるべきは、物音なので、2階以上の場合は、注意しましょう。

まとめ

実際に自分の部屋を、フローリングに変えただけで、シンプルになったから、興味がある人は、ぜひお試しを。

フローリングにすれば、以前よりも、掃除が簡単になるので、シンプルな部屋を、ずっと維持できますよ。

おまけに、掃き掃除が中心になるので、掃除機が要らなくなり、電気代も安くなるから、まさに一石二鳥です。

ただし、2階以上の賃貸アパートだと、騒音問題があるので、それを踏まえてから、試しましょう。

最後に、冬のフローリングは、さすがに冷たいので、ラグマットを用意することを、くれぐれもお忘れなく。

キシ
あとは、床に物を落として、フローリングを傷つけないように、気をつけましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 - 独身スタイル