40歳を過ぎたプロ独身男のド定番が人生を豊かにする!

独身男のド定番

心配性を克服する5つの方法!具体的な症状に該当したらすぐ試そう!

      2018/07/10

心配性の人

こんにちは。会社や遊びに行く際、家を出たあと、カギを掛けたか心配になり、何度も確認する、独身ブロガーのキシです。

自分のようなタイプは、一般的に心配性と言い、カギを掛けたのかなど、不安になってしまい、何度も確認するらしい。

他には、テレビや照明は消したか、忘れ物はないか、これらを出掛ける度に、思う人も心配性だと、言われています。

この心配性が、さらに悪化すると、強迫性障害と言う病気になり、日常生活へ影響が出るから、早く克服する必要がある。

そこで今回は、心配性を克服する方法を、5つご紹介するので、自分と同じような症状の人は、ぜひ参考にしてください。

心配性の具体的な症状とは?

カギが開いている家

自分は、小さい頃から心配性でしたが、大人になれば、克服すると思っていたので、あまり深く考えていませんでした。

しかし、実際は大人になってからの方が、さらに心配性になり、自分でもしんどいときがあるので、これはかなり問題です。

早い段階で、自分が心配性と分かれば、克服でいるので、これからご紹介する症状に、当てはまるか、まず確認しましょう。

ちなみに、すべて該当する人は、確実に重度の心配性なので、症状が悪化する前に、克服する方法をお試しください。

何度も確認をしてしまう

先ほどご紹介した通り、玄関のカギの掛け忘れ、電気の消し忘れのチェックなど、何度も確認する人は心配性の可能性が高いです。

考え始めると止らない

心配な考えごとを始めたら、出口が見えないトンネルのように、ずっと抜け出せないような人は、心配性の可能性が高いです。

最悪なことを考えてしまう

なにか起こったときに、良いことではなく悪いことを考えてしまい、精神的に参ってしまうような人は、心配性の可能性が高いです。

失敗してしまうと思う

なにか行動しようとしても、失敗してしまうのではと不安になり、前へ進むことができなくなる人は、心配性の可能性が高いです。

心配で眠れなくなる

寝る前になって、将来やお金などを考えてしまい、不安で寝つきが悪かったり、眠れなくなる人は、心配性の可能性が高いです。

キシ
ときどき思うくらいなら、大丈夫だけど、頻繁だった場合は、心配性でしょうね。

自分の具体的な症状!

前にご紹介した通り、自分はずっと心配性で、小さい頃から、自己嫌悪になるくらい、症状が出ていました。

そこで、ざっとですが、自分の心配性の症状を、ご紹介するので、前述と合わせながら、ご確認してください。

ちなみに、家族に誰一人として、心配性がおらず、遺伝性の可能性は、全くないと言って、良いでしょうね。

台風が来ると怖くて眠れなくなる

台風が近づくと、家が浸水したり、飛ばされたりしないか、心配になってしまい、いつも眠れなくなってしまいます。

家が火事にならないか不安になる

電車に乗ったとき、ガスや電気を消したか不安になり、家で火事が起きたらどうしようと、心配になってしまいます。

大きな病気じゃないか怖くなる

具合が悪くなって、症状をネットで調べたとき、大きな病気に、ちょっと似ているだけで、死ぬかもと心配になってしまいます。

良いことが起きてもあまり喜べない

良いことが起きると、喜べるんだけど、良いことの分だけ、悪いことが起きてしまうのではと、心配になってしまいます。

外出先で具合が悪くなる気がする

外出先で、なんの前触れもなく、腹痛や頭痛になったらどうしようと、全く健康なんだけど、心配になってしまいます。

キシ
毎回ではありませんが、普通の人よりも、心配する回数は、絶対に多いと思います。

心配性がヒドくなったら大変です!

医者

心配性を、軽く扱ってしまうのは、大きな間違いで、過度にストレスが掛かるから、精神疾患になる可能性があります。

例えば、強迫性障害うつ病不安神経症などの可能性があり、自分の場合は、少しだけど、強迫性障害に近い状態がある。

友人は、病院へ行って、強迫性障害と診断されたらしく、薬を飲んでいたらしいですが、今はかなり良くなったそうです。

毎日、何度も確認作業をしている人は、強迫性障害の症状が、出ているので、病院で診てもらった方が、良いかもしれません。

精神疾患になると、日常生活に、支障をきたす場合もあるので、心配性がヒドくなる前に、克服してください。

キシ
心配性を侮ると、本当に大変だから、早めに克服する方法を、お試しください。

心配性を克服する5つの方法!

ここからは、心配性が克服する方法を、全部で5つほどご紹介しますが、自分にあった方法が、見つかるはずです。

実際に自分も、全部を行うのは難しいから、できそうなことを徐々にやり、心配性が克服できるよう、努めています。

ご紹介する方法を試せば、徐々にだけど、心配性が克服できるので、焦らずゆっくり、やるように心掛けましょう。

ポジティブシンキングになる

心配性の人は、ネガティブシンキングの人が多いので、すぐに悪く考えしまうことが、原因なのかもしれません。

物事はポジティブに考えた方が、良い方向へ進むことが多いから、少しずつポジティブシンキングを、心掛けましょう。

心配な気持ちを言葉にする

心配な気持ちを、心の中に留めてしまうと、さらに心配が大きくなるので、言葉にして外へ出せば、気持ちが和らぎます。

言葉にして出すと、心配な気持ちを減るので、本音を話せる家族や友人に話すか、SNSを使い話すのがおすすめです。

運動などで精神を鍛える

自分を含めて心配性の人は、精神的に弱い人が多いから、精神を鍛えるために、運動を始めるのはどうでしょうか。

運動は苦しいものなので、その苦しさを乗り切ったときに、強い精神が作られて、心配になることが減るはずです。

イメトレで良いことを想像する

心配性の人は、悪いことを想像する人が多いので、それが原因の一つだから、悪い想像を変える必要があります。

物事を行う前に、イメージトレーニングをすれば、心配なことが減るので、できるだけ良いことを、想像しましょう。

自分に自信を持つようにする

過去の失敗が、トラウマとなって、心配性になる場合もあるから、失敗を払しょくするためには、自信を持つ必要があります。

成功したことを思い出したり、なにか挑戦して成功すれば、自信が持てるようになり、心配に思うことが減るでしょう。

キシ
自分は、「心配な気持ちを言葉にする」をやって、心配性を克服しています。

心配性が原因でめまいや吐き気が出たら?

 

調子の悪い男性

心配性が、ヒドくなると、めまいや吐き気をすることがあり、この症状が出た場合、克服する方法だけでは無理です。

自分も似た経験があり、電車に乗っていたとき、不安になってしまい、急にめまいがして、大変なことがありました。

もちろん病気ではなく、この症状は心配性が原因なので、そんなときは病院から処方された、精神安定剤を飲みます。

頻繁に起こる場合は、応急措置として、精神安定剤がおすすめだから、心配な人は病院で、処方してもらいましょう。

精神安定剤に、頼りたくない場合は、リラックスすることで、気持ちが楽になるから、ゆっくり深呼吸するのが一番です。

他には、自分がよくやる方法として、フリスクを3つくらい口に入れると、頭がスッキリするから、ぜひ一度お試しください。

キシ
薬は、あくまで最終手段な。普段は、深呼吸やフリスクで、乗り切りましょう。

心配性でも良いことはあります!

ここまで読むと、心配性になったら、克服した方が良いと、思うでしょうが、軽度だったら、そのままで大丈夫。

なぜなら、軽度の心配性の人は、危機管理能力が非常に高いので、危険な目に遭遇する機会が、少ないからです。

変な場所へは行かないし、異変を感じたら、逃げるはずなので、知らず知らずのうちに、危険を回避しています。

最近の世の中は、無差別で人を傷つける事件など、危険でいっぱだから、心配性の方が、安全かもしれません。

ただし、重度の心配性だと、日常生活が大変なので、軽度の人に限り、大丈夫と言うことを、お忘れなく。

キシ
心配性は、常にアンテナを張っているから、危険察知能力はとても高いはずです。

まとめ

自分が気がつかないだけで、心配性になっている場合もあるから、ご紹介した症状に該当するか、チェックしてください。

ご紹介した症状に、すべて該当する場合は、重度の可能性が高く、他の病気の危険もあるので、特に注意が必要です。

もし、強迫性障害・うつ病・不安神経症になると、治るまで時間が掛かるので、早めに克服する方法を、お試しください。

急に、心配性が原因で、めまいや吐き気が出た場合は、精神安定剤・深呼吸・フリスク、この3つをおすすめします。

軽度の場合は、危機管理能力が高いので、危険な目に遭遇する機会が、少ないだろうから、上手に付き合いましょう。

キシ
心配性と、上手に付き合えば、危険を回避できて、長生きるかもね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 - 美容と健康