40歳を過ぎた独身男のド定番が人生を豊かにする!

独身男のド定番

秋バテを防ぐ対策!原因・症状・解消法を知ればもう怖くない!

   

秋バテをしている男性

暑い夏が終わったのにまだ体がダルい! もしかしたら、その症状は夏の過ごし方が原因で、秋バテになってしまったのかも。

すでに秋バテの症状が出ていても、今から対策を行えば、秋バテを防ぐことも、解消することも可能なのでご安心を。

そこで今回は、秋バテを防ぐ対策として、原因・症状・解消法をご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

特に夏が暑かったときは、その分だけ秋バテをする原因が増えるので、特に気を付ける必要があります。

自分は実際に経験をしたけど、秋バテが原因で病気になってしまったので、病気になりたくないなら対策をしましょう。

それは夏バテじゃなくて秋バテの症状!

秋になってから「寝たはずなのに疲れが取れない」や「体がずっとだるい」などのような症状で、悩んでいる人はいませんか?

この症状は、夏バテに多い症状なのですが、夏が終わり9月に入っても出ているようだったら、秋バテの可能性が高い。

夏バテの場合は、胃腸が弱い人や低血圧の人がなりやすいらしいけど、秋バテの場合は、あまり関係がないらしいです。

秋バテの主な症状

暑い夏が終わったのに、以下のような症状が出てしまう人は、秋バテをしている可能性が高いので、注意してください。

秋バテの主な症状
  • 疲れが取れない。
  • 体がだるい。
  • 食欲がない。
  • 胃がもたれたり、胸焼けがする。
  • 頭痛や肩こりがする。
  • めまいや立ちくらみがする。
  • 寝つきが悪く、よく眠れない。

一見すると、夏バテのように見えるけど、秋になっても上記の症状が複数でる人は、特に秋バテをしている可能性が高いです。

若い頃なら、これくらいの症状が出てもすぐに治りそうだけど、40代を過ぎている場合は、長引きそうな予感がします。

でも、どうして暑い夏が終わり過ごしやすい秋になったのに、夏バテのような症状が出てしまうのでしょうか?

キシ
過ごしやすい秋が来たのに、上記のような症状が出ていると、せっかくの秋が台無しですね。

夏の過ごし方が秋バテの原因になる!

エアコン

涼しい秋になったのに、秋バテをしてしまう一番の原因と言っても良いのが、夏の過ごし方にあります。

以下のような夏の過ごし方をした人は、秋バテになる可能性があるので、注意した方が良いかもしれません。

今からでも遅くはないから、もし以下のようなことをしている人は、秋バテになりたくないなら、すぐに止めましょう。

エアコンで体を冷やし過ぎた

特に、猛暑と言われような暑い夏に、エアコンをガンガンに効かせた部屋で過ごした場合は、秋バテになる可能性が高い。

理由は体温を下げてしまうと、自律神経のバランスが崩れやすくなるなり、体温調整ができにくくなり、秋バテを起こすからです。

自律神経が乱れると、秋バテを起こりやすくするので、エアコンの設定温度が20度前半になっている場合は、すぐに変えましょう。

冷たい飲み物や食べ物を取り過ぎた

エアコンの他には、夏に冷たいものを食べた飲んだりしていたことで、胃の働きが弱くなってしまい、秋バテを起こします。

夏は食欲が落ちると、冷たい食べ物や飲み物をつい取ってしまうけど、それが秋バテの原因になってしまうんです。

頻繁に取らなければ大丈夫だけど、毎日のように冷たい食べ物や飲み物を取るのは、秋バテの危険があるので止めましょう。

寝不足が続き疲れが取れなかった

熱帯夜が続くと、思うように疲れが取れないから、疲労がたまってしまい、9月以降に秋バテをすることがあります。

日々の疲労は、ちょっとずつ蓄積されるので、もしかしたらその疲れが、秋になる9月以降へ出てしまうのでしょう。

疲れを残さないためにも、睡眠時の部屋の温度は必要ですが、エアコンで冷やし過ぎると、逆効果なので注意してください。

キシ
実際に自分も、秋バテの経験があり、本当に大変だったので、できれば夏の間に秋バテの原因を知りたかったですね。

秋バテを軽く見ると病気になってしまう?

胃痛で苦しんでいる男性

ここまで読んでも、秋バテなんて怖くないから、そのうち治るから放置しようと思っている人が、いるかもしれません。

でも、それは大きな間違いで、自分が秋バテを放置したとき病気になったので、軽く見るのはとても危険なんです。

2015年の夏は、自分が住んでいる田舎が、普段の夏よりも暑くて、設定温度を低くしてエアコンを使っていました。

さらに、冷たい飲み物を過剰に取っていたから、エアコンと冷たい飲み物が原因で、自律神経の乱れと胃腸の働きを弱めてしまったんです。

当時は、秋バテをよく知らなかったので、秋になり次第に調子が悪くなっても原因が分からず、気が付いたら逆流性食道炎になっていました。

すべて秋バテだとは言いませんが、自律神経の乱れと逆流性食道炎は関係があるので、原因の1つにはなっているはずです。

秋バテになってしまうと、もっと大きな病気になる場合もあるので、状に気が付いたら次項でご紹介する解消法をやってください。

キシ
逆流性食道炎は、大きな病気ではありませんが、なかなか治らない病気なので大変です。

今すぐにできる秋バテ対策!

温泉に入っている女性

過ぎてしまった夏に戻れるなら、秋バテの原因になるようなことを避けられますが、今さらどうにもなりません。

仮に、秋バテになったとしても、そのうち治るだろうと思って、放置するのは大きな間違いです。

日頃の生活を見直すことで、秋バテになってしまっても、簡単にできるおすすめの解消法をご紹介します。

軽い運動をして汗をかく

秋バテの症状を解消するには、自律神経を整わせてくれる汗をかくことが効果的なので、運動することがおすすめです。

運動と自律神経には深い関係があり、汗をかいて体温調整することが、自律神経の働きを高めて秋バテの解消につながります。

秋バテの解消には、適度に汗が出る有酸素運動が良いので、普段から階段を使ったり、電車やバスでは立つようにしたり、休日に散歩をしましょう。

お風呂に入ってリラックス

温めのお湯にゆっくり入ることでも、汗をかいて自律神経の働きを高めてくれるら、おすすめな秋バテの解消法です。

39度から40度くらいのお湯に、ゆっくり浸かって適度に汗を出せば、自律神経が整い秋バテの解消につながります。

またお風呂に入ることで、体と心がリラックスして自律神経を整えるから、二重の効果が期待できるでしょう。

温かい食べものや飲みものを選ぶ

食欲不振や胃もたれなどの症状は、冷たい食べものや飲みものを避けて、体を温めるような食べものや飲みものを取りましょう。

昔から、根菜類が体を温める食べものと言われているので、豚汁などのスープにして取るのが、秋バテの解消法としておすすめです。

水分補給をする際は、冷たい水を飲むのではなく、できるだけ常温の水を飲むようにしてください。

寝るときは体を冷やさない

体が冷えると自律神経が乱れるので、寝るときにおなかの周りを温かくするのも、秋バテの解消法としておすすめです。

特に寝相が悪い人は、昔からある腹巻きを使うか、タオルケットをおなかに巻きながら、寝るようにしてください。

また、質の良い睡眠を取るために、寝る前に深呼吸をするのも良いそうなので、鼻から息を吸い口から出す呼吸をするも良いでしょう。

免疫力をアップする

免疫力をアップすることで、秋バテを解消できるので、以前にご紹介したサプリメントを飲むのはどうでしょうか。

自分の場合は、秋バテだけではなく夏バテの際にも、このサプリメントを飲んで効果があったのでおすすめです。

キシ
秋バテの解消法のポイントは、体を冷やさないこと、適度な汗を出すこと、この2つかもしれません。あとは、サプリを飲むことですね。

まとめ

今回ご紹介した秋バテを防ぐ対策!原因・症状・解消法を知ればもう怖くない!はどうでしたか?

夏の過ごし方を間違えると、秋バテになってしまう可能性があるから、自律神経が乱れないようにしましょう。

秋バテになってしまった場合は、ご紹介した4つの対策をすれば解消されるので、ぜひ参考にお試しください。

20代くらいの若い人なら、それほど秋バテを気にしなくて大丈夫だけど、体力が落ちてくる40代以降は注意するように。

もし秋バテなんて、怖いくないと思っている人がいたら、最悪の場合は自分のように病気を患うので、軽く見ない方が良いですよ。

キシ
秋バテに、気を付けた方が良い年齢は、30代後半ぐらいからでしょう。若くないと思ったら、注意してください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 - 健康・美容