40歳を過ぎた独身男のド定番が人生を豊かにする!

独身男のド定番

健康と遊びと仕事の中で一番に40代が大切にするべきものは?

   

考える40歳の男性

20代や30代前半の頃は、全く気にしなかったけど、40歳を目前にしてから健康が気になり出したのですが、みなさんはどうですか?

若い頃は、多少の無理をしても大丈夫だったのが、最近は無理したことが体に響くようになりました。

でも、健康ばかりに気を使っていると、なかなか遊びに行けなくなったり、仕事でも無理ができなくなったりしてきます。

そんな健康、遊び、仕事の大切さが身に染みてくる40代では、どれが一番に大切なのでしょうか?

若い20代や30代の人も、あっと言う間に40代になっちゃうので、決して他人ごとではありませんよ!

40代は健康が一番に大切でしょ!

元気な男性

まず、40歳を過ぎたら真っ先に気を使うのは、体が資本なので健康が大切だと思いませんか?

自分は39歳のときに経験しましたが、40歳を過ぎたら健康のため毎年のように、胃や大腸の内視鏡検査をした方が良いらしいです。

30代の頃なんて、絶対に検査なんてしない方が良いと思っていたけど、40代は病気が出やすい年代だから検査をやった方が良いのでしょうね。

そんなことを考えていたら、やはり遊びや仕事よりも、健康が一番に大切ではないかと思うようになったんです。

体が健康だったら、仕事でお金を稼ぐことも思いっきり遊ぶこともできますが、健康じゃなかったら、どちらも満足にできない可能性が高そう。

死んでしまったら遊べなくなる!

仮に、仕事と遊びを大切にして生きても、健康じゃなかったら、最悪の場合、仕事で稼いだお金を使えず、遊ぶこともできず、そのまま死んじゃうこともありますからね。

昔から、「命あっての物種」と言うように、命があればどんなことだって可能性があるけど、死んでしまってはなにもできません。

アントニオ猪木さんも、「元気があればなんでもできる!」と言っていて、元気になるためには健康になる必要があります。

それを考えると、仕事も遊びも大切だけど、まずは自分の体の健康を大切にするのが正解だと思いました。

キシ
自分は、逆流性食道炎の患っているので、健康が大切な気がしています。ちょっとでも暴飲暴食をすると、すぐに症状が出ちゃいますからね。

40代でも遊びの方が大切な場合がある?

健康は大切ですが、もしかしたら、50代以降になり大病を患って死ぬこともあるので、それなら40代の遊べるうちに遊んだ方が良い気がしませんか?

別に、暴飲暴食をして遊びまくる訳ではなく、遊びと健康をてんびんに掛けたら、遊びの方を取るって意味でですよ。

自分の人生がどのくらいあるかなんて、誰にも分かるはずがないので、遊びたいときに思いっきり遊んだ方が人生を楽しめと思います。

50代で死んだ父の場合!

例えば、父の場合は、全く健康に気を使いタイプではなかったけど、40代のときに思いっきり趣味を楽しんでから、50代で死んでしまったので、本人としては遊べて良かったはず。

健康に気を付けていれば、病気にはならなかったかもしれないけど、健康に気を付けていて病気になったら、もっと遊べば良かったと後悔していたでしょう。

40代の頃にできる遊びと50代の頃にできる遊びは違って来るでしょうから、今しかできない遊びをたくさんやった方が後悔はしないと思います。

年齢から来る衰えには勝てない!

それに、健康に気を使っていても、加齢とともに体は衰えて来るから、思いっきり遊べる時間って、そんなに長くありません。

以前、自分は友人たちに「キシは健康で死ねるタイプだな」と言われたことがあり、健康を大切にするあまり、遊ばないことが多かったんです。

今考えると、あの頃にしかできない遊びがいっぱいあったので、健康も大切だけど楽しい人生を送るためには、遊びの方が大切なのではないでしょうか。

キシ
遊んでばかりではダメだけど、全く遊びのない人生なんて退屈です。それに、遊んでいる人の方がストレスを発散できるので、病気になりにくいような気がします。

やっぱり40代は仕事が大切です!

健康も遊びも大切だけど、勤労な日本人は、やはり仕事が一番に大切だと思う人が多いはずです。

ただし、ここで言う仕事が大切とは、正確に言うと仕事で稼ぐお金のことなんですが、お金を稼ぐためには仕事を大切にしないとダメですよね?

家族がいる場合は、養って行かなければならないので、とにかく一生懸命に働いてお金を稼ぐことが大切だと思うでしょう。

自分は、独り者なので分かりませんが、もし奥さんがいて子どもがいたら、幸せにするためにも仕事を大切にするはずです。

お金がすべてではないけど、家族の幸せを考えたら、健康や遊びではなく仕事を一生懸命にして、稼ぐことが大切な気がします。

最近は、お金があれば高額な健康補助食品や検査ができたり、もし病気になっても高額な治療が施せますからね。

子どもの頃に遊んでいたような、缶けりやかくれんぼをするなら、お金なんて必要ないけど、大人の遊びはなにかとお金が掛かるので、先立つものは必要です。

健康じゃないと仕事はできないし、遊びがないと仕事をしていてもストレスがたまってしまい、病気になってしまうかもしれません。

でも、お金があれば健康が買えて、病気になったとしても高額な治療ができるし、お金があればいろいろな遊びができるので、やっぱり仕事が一番に大切かもしれません。

キシ
仕事で稼がないとなんにもできませんからね。それに、40歳を過ぎて仕事を大切にしていなかったら、リストラの対象になる可能性だってあるのでは?

40代になった自分の答え!

正直に言って、健康も遊びも仕事もどれも大切なので、1つだけを選ぶのはとても難しいです。

例えば、健康を大切にするあまり、遊びや仕事をおろそかにしたら、人生を楽しむことができないし、お金を稼げないから生活するのが大変です。

でも、遊びを大切にしてしまえば楽しいだろうけど、病気になってしまうかもしれないし、お金を散財して貧乏人になってしまうかもしれません。

仕事を大切にしてしまえば、お金は稼げて生活が裕福になるだろうけど、ストレスで健康を害したり、楽しい人生を過ごせない可能性もあります。

一番良いのは、遊びが仕事のような人ですが、そんな人って、たぶん明石家さんまさんと所ジョージさんくらいしか、この世の中にはいないでしょうね。

それでも、この2人は健康だからこそ、遊びのような仕事ができているのだろうから、やはり一番に大切なのは健康だと思います。

その次は、遊びと仕事が同じくらい大切で、バランスを保ってやれば良さそうなのだけど、そのバランスが難しいでしょうね。

仕事を大切にし過ぎれば、遊びの時間がなくなてしまうし、遊びを大切にし過ぎてしまうと、仕事がおろそかになってしまいますから。

まずは、健康が1番に大切で、その次に遊びと仕事を大切にするのが自分の答えです。

キシ
明石家さんまさんと所ジョージさんのように生きられたら、人生が楽しいと心の底から感じられるでしょうね。でも、この2人のような人って、世の中にはほとんど存在しないだろうなぁ。

まとめ

自分の答えは、健康が1番に大切だったけど、人によっては遊びや仕事を一番に大切だと選んでいる人もいるでしょうね。

特に日本人は、マジメなので仕事を大切にする人が多いから、『仕事→健康→遊び』の順番で選だ人もいそうです。

若い頃だったら、自分は『仕事→遊び→健康』の順番で、仕事をスゴく大切にしていたけど、40歳が近くなってから順番が変わってしまいました。

持病の逆流性食道炎が影響をしているけど、それ以上に自分が歳を取ってしまったから、こんな答えになったのかもしれません。

年代によって答えが変わって来そうですが、40代の人なら一番に大切なのは、『健康』と選んでいるのではないでしょうか。

キシ
選択肢の中に、家族を入れなかったのは、家族が1番に大切だからです。それと、独身の人は家族がいないから、除外しました。自分は実家暮らしなので、自分の健康と同じくらい家族が大切です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 - 独身40代イズム