40歳を過ぎた独身男のド定番が人生を豊かにする!

独身男のド定番

手のひらにイボができた!病院へ行かず自宅で治す3つの方法!

      2017/07/28

驚く少女

手のひらに、黒いブツブツのある不気味な物体を見つけたけど、一体これはなんだ!と思って調べたら、ウイルス性のイボだった。

ヒザにイボができるのは知っていたけど、まさか手のひらにもイボができるとは知らず、やはり治すには病院へ行った方が良いのでしょうか。

そこで今回は、病院へ行かず手のひらのイボを治す方法を、全部で3つほどご紹介します。

手のひらにイボができてしまうと、見た目が悪るいだけでなくイボが増えることもあるから、できるだけ早く対処しましょう。

どうしても治らない場合は、病院へ行った方が良いけど、自宅で手のひらにできたイボを治したい人はぜひお試しください。

手のひらにできたイボは増える!

手のひらのイボ

自分の指にできたイボは、ごく普通のイボだと思っていたのですが、調べるとウイルス性イボのようです(お見苦しい画像ですみません)。

その理由として、イボの中に黒いブツブツがあるのが見えると思いますが、これがウイルス性イボの特徴みたいです。

ウイルス性のイボでも、放置すればそのうちなくなるのではと思っていたら、ウイルス性イボは治療をしないと増える可能性があるらしい。

このまま放置していると、さらにイボが増えていしまう可能性があるので、病院へ行って治療した方が良いのかもしれません。

そこで、病院はどんな治療をするのか調べると、レーザーでイボを焼いたり、液体窒素でイボを凍らせたりしてイボを治すそうです。

病院での治療は1回だけでは治らず、何度も通院するのでお金が掛かり(レーザーは保険適用外)、またかなりの痛みを伴うと書いてありました。

治ったとしても、再びウイルス性イボができてしまうことがあるそうなので、病院とはかなり長いお付き合いになる可能性があります。

そこで、ウイルス性イボが治す方法を調べたら、時間は掛かるけど病院へ行かなくても、できる方法が見つかったんです。

キシ
気が付いたら、イボができていてビックリしました。原因はいまだによく分かりません。

木酢液で手のひらのウイルス性イボが治る!

木酢液

ウイルス性イボで、悩まれている人たちが教えてくれた治す方法は、害虫駆除に効果のある木酢液をイボに塗って治す方法です。

木酢液には、かなりの殺菌力があるので、ウイルス性イボの除去に効果があると言われているそうなので、これはかなり期待ができます。

それなら、消毒液でも大丈夫なような気がしたら、確かにイソジン軟膏でウイルス性イボが治った人もいるらしく、試す価値はあるかもしれません。

ただし、イソジン軟膏の効果はまだそれほど多くいないので、木酢液に頼ってみようとアマゾンで調べてすぐに購入。

自分が購入した木酢液は、発ガン性をチェックしている唯一の木酢液らしいので、安心してウイルス性イボに塗ることができそうです。

おすすめの木酢液!

この木酢液がオススメなところは、木酢液を塗る専用の入れ物がセットになっていることで、手を汚さずウイルス性イボに木酢液を塗れてとても便利。

ちょっと気を付けて欲しいのが、栓を開ける際に力を入れ過ぎると木酢液が飛び出てしまうので、力の入れ具合に気を付けてください。

木酢液に即効性はないらしいけど、根気強く塗り続ければ治りそうだから、病院へ行っても期待が持てない場合におすすめします。

キシ
木酢液のネックは、お酢の臭いと液だれをしてしまうこと。ガーゼに含んで、イボに当てると効果がありそうです。

子ども頃に塗っていたアロエもイボに良さそう!

アロエのクリーム

自分は子どもの頃に、手のひらではなくヒザにイボがたくさんできていたから、その際にやっていた治す方法も効果がありそうです。

当時は、家に植物のアエロがたくさん置いてあり、母親にケガをする度にアエロを折って、出て来た液体をイボに塗るようにしていました。

それと同じことをイボにもしていて、気が付いたらイボがすべて治っていたから、アロエも効果を期待できるでしょう。

ただし、わが家には昔のようにアロエが置いていないので、代わりに見つけたのがアロエ成分が含まれているアエロクリーム。

アロエが家にある場合は、追って直接イボに塗る、アロエがない場合はアエロクリームで代用してイボに塗ってください。

おすすめのアロエクリーム

実際に自分が使っているアエロクリームは、「アロリーン モイスチュアクリーム」で、母の知り合いのおすすめで購入しました。

こちらも木酢液と同じように、即効性を期待できそうにないので、寝る前などにアロエクリームを根気強くイボに塗るしかなさそうです。

ただし、アロエクリームはイボに効果があると書いていないので、補助的な意味合いとして使う程度に考えた方が良いのかもしれません。

キシ
アロエクリームなら、普通のご家庭にも置いてありそうだから、すぐに試せるでしょう。でも、やはりベストは、本物のアロエかな。

やっぱり最後はヨクイニンが良いのかもしれない!

お茶を飲む男性

テレビで、ヨクイニンのコマーシャルを見たことが1回くらいあるでしょうが、このヨクイニンもイボを治す効果があるらしいです。

ヨクイニンは、飲む錠剤からイボに直接に塗るクリームもあり、どちらにもイボに対する効果があると、いろいろなサイトに書いてありました。

ただし、一部でヨクイニンがなんでイボに効果があるのか証明されていないと書いてあり、どこまで信用をすれば良いのか半信半疑。

飲む錠剤の場合は、やはり副作用が気になってしまうので、ヨクイニンを使うのならばイボに塗るクリームの方が良さそうです。

ヨクイニンの副作用
  • じんましんなど肌のかゆみ。
  • 発疹があらわれる。
  • 胃もたれや吐き気をする。
  • 下痢になる。

クリームの他には、ヨクイニンが含まれているハトムギ茶も良いらしいので、お茶なら錠剤のヨクイニンを飲むよりは抵抗がありませんね。

おすすめのハトムギ茶

ハトムギ茶なら、緑茶の代わりに飲めば問題ないし値段も高くないので、手軽なイボの治す方法として良さそうです。

さらにハトムギ茶はノンカフェインなので、カフェインの取り過ぎの心配もいらないから、普通に飲むお茶としてもおすすめ。

ただし、自分と同じ逆流性食道炎を患っている人は、麦茶の焦げた感じが症状を悪化させる可能性があり、飲む際には注意してください。

キシ
 お茶を飲むだけなら簡単そうだけど、自分の場合は、麦茶がダメなので、これは試せそうにありません。

他にイボを治せる方法はありますか?

ウイルス性のいぼ(疣贅)は、治療に苦慮することが多い皮膚感染症の一つ。しかし、尿素軟膏を1日2回十分量塗布すれば、9割以上が数カ月で治癒する--。4月14日のシンポジウム3「ありふれているが治療に難渋する皮膚疾患」では、市立堺病院前副院長(3月末で定年退職、5月に東皮フ科医院を開業予定)の東禹彦氏が、尿素軟膏の“劇的な効果”を多数の症例と共に提示した。

引用:ウイルス性のいぼに尿素軟膏療法、「治癒率92%」が報告
URL:http://medical.nikkeibp.co.jp/inc/all/hotnews/archives/180536.html

前にも書いたイソジン軟膏も期待できそうですが、2002年に尿素軟膏療法がイボに効果があると、日本臨床皮膚科医学会から発表されていたそうです。

尿素軟膏を1日2回ほど十分な量を塗布すれば、9割以上のウイルス性のイボが治るらしく、尿素軟膏を塗るだけで良いならこれはありがたい。

とりあえず、木酢液とアロエクリームでウイルス性イボが治るかどうかを試して、もしダメだったときには尿素軟膏療法も試すべきでしょう。

それか尿素が入っているアエロクリームを探して、イボに塗るようにすれば、尿素とアロエのダブルの効果が効きそうです。

ちなみに治療で使った軟膏は、医薬品で10%の尿素が含まれており、市販されているクリームにも、尿素が10%ぐらい入っているから問題ありませんよ。

おすすめの尿素配合クリーム

2002年に尿素軟膏療法では、尿素が10%の軟膏を使っていたけど、こちらはその倍の20%も含まれているので、さらに効果が期待できそう。

ちょっとお値段が高いのがネックなので、まずは家にある尿素が含まれているクリームを塗って様子を見た方が良いかもしれません。

ただし、こちらも即効性はなく治療では8カ月も要しているので、やはり根気強くクリームを塗ることが必要みたいです。

キシ
尿素が含まれているハンドクリームなら、ドラッグストアへ行けばすぐ買えそうです。できるだけ多く含まれていた方が良いですね。

まとめ

今回ご紹介した手のひらにイボができた!病院へ行かず自宅で治す3つの方法!どうでしたか?

実際は、4つの方法があったけど、手のひらにできたイボの治す方法としては、根気強くやり続けることが一番みたいです。

実際に自分も、木酢液とアロエのクリームを塗って1カ月くらいで良くなって、塗るのを辞めたらまたすぐにイボが出て来ました。

イボは再発しやすいので、ちょっと治ったからと言って、すぐ治す方法を止めずイボが完全になくなるまで、やり続けてください。

あとは、免疫力が落ちるとイボが元気になるとも言われているので、規則正しい生活をすることも、イボを治す上で大切ですよ。

キシ
病院へ行っても、すぐに治る訳じゃないし、再発もあるらしいので、やはり根気強く治すしか方法はなさそうです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 - 健康・美容