40歳を過ぎた独身男のド定番が人生を豊かにする!

独身男のド定番

正月太り解消法!夕飯にあの野菜を食べるダイエットがおすすめ!

      2017/01/15

キャベツ畑

みなさん、どんなお正月を過ごしましたか?食べて飲んで寝て、かなり自堕落なお正月を過ごした人もいるのでは?そんな生活をしていた人は、今になって後悔をしていますよね。たぶん、お風呂に入る前に怖くて体重計に乗れないと思います。そこで今回は太ってしまった人のために、自分もやっている、ある野菜を夕飯に食べるダイエットをご紹介します。自分は、正月太りではありませんが、最近、ちょっとずつ太って来たので、このダイエット方法を試して、体重を落とすことに成功しました。もし、太った自覚にある人は、今日の夕食から始めましょう!

正月は需要と供給のバランスが崩れる!

お正月に太る人の原因は、どう考えても需要と供給のバランスが、崩れた結果ではないでしょうか?

本来なら、食べた分だけ動けば体重を維持できたり、ダイエットができるのですが、お正月は供給過多(食べる)になってしまい、需要(動く)をほとんどしません。

さらに、お正月はおいしいおせちやお餅など、太りやすいものを食べ過ぎる傾向にあるので、供給量がだけが増えてしまい、太ってしまいます。

普段から、体重に気を付けている人も、お正月だからと言って、ハメを外してしまうことも多いはずなので、気が付いたら2,3kgも体重が増えているのでは?

今さら遅いけど、おめでたいから食べた方が良いのだけど、お餅なんて太る食べものの代表だから、1食ぐらいにするのがベストです。

わが家の場合は、自分が太りやすい体質なので、今年のお正月はお餅を食べませんでした。

お餅を食べないと良い1年が迎えられないなら、少しくらい食べようと思うけど、お餅で1年が決まる訳じゃないので、食べなくても特に問題はありません。

それよりも、太ってしまったことに気が付いて、ダイエットをする方が大変なので、良い1年にするには、お餅はできるだけ食べない方が無難です。

わが家のお正月の食事は、普通の人が見たら信じられないような内容でしょうが、ダイエットをするくらいなら、質素なお正月でも全く平気。

それにわが家は貧乏なので、お正月だからと言って、豪華なおせちを食べることが不可能だから、お餅にだけ気を付ければ大丈夫なんですけどね。

キシ
動く量と食べる量のバランスが整っていれば、ダイエットをする必要がないんだけど、どうしてもお正月は、このバランスが崩れてしまうのでしょうね。

早くダイエットしないと手遅れになる!

正月太りだけに限らず、急に体重が増えてしまった場合は、すぐにダイエットを始めるのがコツなのを知っていますか?

これは、自分が経験したことなので間違っていないはずですが、体重が増えてしまって1週間くらいだったら、すぐに落とすことは可能です。

でも、1カ月くらい経過してから、ダイエットで元の体重に戻すのは、そう簡単には行きません。

一度、体に余分なお肉が付いてしまうと、体重を減らすのは簡単ではないので、できるだけ早くダイエットを始めてください。

自分の場合、秋頃から徐々に体重が増えていたのですが、そのうちに減るだろうと余裕をかましていたら、なんと気が付いたときには3kgも増えていたんです。

毎日、体重計に乗って管理をしていても、ちょっとした油断で3kgも太っていまい、さらにダイエットを初めても、すぐには体重が落ちないのでかなり苦労しました。

今思えば、1kgぐらい体重が増えた段階で、すぐにダイエットを始めればよかったのですが、ダイエット経験があるので、すぐに落とせると油断した自分がバカでした。

お正月太りに限らず、ちょっとぐらい体重が増えてもすぐにダイエットを始めれば、簡単に体重は元に戻るので、気が付いたらすぐにダイエットを始めましょう。

すぐにダイエットを始めれば、簡単な食事制限で体重は元に戻るはずで、実際に自分も過去にちょっと太ってすぐに簡単な食事制限をしたら元に戻りましたから。

逆に、体重が増えてから1カ月以上が経過した場合は、どんなダイエットを始めれば元の体重に戻れるのでしょうか?

キシ
そのうちにダイエットをする!なんて悠長なことを言っていると、自分のように、なかなか体重が落ちなくなっちゃいますよ。太ったことに、気が付いたらすぐダイエットを始めましょう。

おすすめは夕飯のあの野菜を食べること!

自分は、正月太りをした訳じゃないけど、気が付いたときに3kgも太っていたので、これはかなりマズいことになってしまいました。

1日中、パソコンの前で作業をしているから、適度に運動をすれば良いのですが、作業をするのが遅いので、運動する時間を作れないのが現状です。

さらに、都会だったら昼間から散歩をしても怪しまれないけど、田舎の場合はいい歳をした大人が昼間に散歩をししてると怪しまれるので無理。

以前の記事でご紹介した、ストイックなダイエット方法をすれば良いのでしょうが、3kgぐらいなのでそこまでハードにやるだけの精神力がありません。

参考記事:究極のメソッド!-20kgダイエットの成功はこのド定番な方法しかない!

そんなときに思い出したのが、以前から太らないために食べ続けていた、ある野菜をたくさん取ることでした。

最近は、ちょっとお値段が高くなってしまったので、貧乏のわが家にはちょっと大変ですが、その野菜を食べる 分、他のものを食べないので、結果的には家計を圧迫しないでしょう。

その野菜とは、ダイエットにド定番中のド定番なキャベツです。

キャベツは、繊維質なのでお通じも良くなるし、食べごたえもあるので、ダイエットにはピッタリの野菜だから以前は食べていました。

でも、ちょっと油断をして食べなくなったら、見る見るうちに体重が増えだしてしまったので、キャベツのダイエット効果は絶大だったんですね。

キャベツを食べれば、ダイエットができることは分かったけど、どんな食べ方をするのがキャベツダイエットのポイントなのかを、次の段落でご紹介します。

キシ
最近は、野菜が高騰しているので、キャベツを買うのもちょっと大変です。でも、3食すべてキャベツを食べる訳ではないから、大丈夫だと思いますよ。

キャベツダイエットのポイント!

自分がキャベツダイエットを始めてから、2週間が経過したのですが、なんと1.5kg近く体重が落ちました。

始めたことの体重が63.2kg、この記事を各前日の体重が61.8kgだったので、これはかなりの成果があり満足しています。

朝昼晩の食事をキャベツにして、この程度のダイエットだったらやらないよ!と思う人もいるかもしれませんが、キャベツを食べているのは1食だけです。

自分が行っているキャベツダイエットのポイントを、簡単ではありますが3つほどご紹介します。

キャベツを食べるのは夕飯だけ!

さすがに、朝昼晩の3食すべてにキャベツを食べるのは、飽きてしまうしキツいので、キャベツは夕飯だけ食べれば大丈夫。

お昼に食べても問題ありませんが、どうしても夕飯は豪華になりやすい傾向にあるので、あえて夕飯にキャベツがポイントです。

それに、炭水化物は適度に取らないと体に悪いので、ご飯やパンは朝や昼に食べて、夜に炭水化物の代わりにキャベツを食べるのが良いでしょう。

キャベツの量はお好みで大丈夫ですが、自分の場合は、だいたい1玉の1/4を夜に食べています。

できれば、毎日夕飯をキャベツにして欲しいですが、毎日がツラい人は2日に1回でも大丈夫ですよ。

キャベツの食べ方!

他のサイトでも、キャベツダイエットをおすすめしている人は多く、いろいろな食べ方を紹介していますが、自分が薦めるのは、キャベツの千切りです。

お店で食べるように、キャベツを細くした方がおいしく食べられるので、スライサーを使ってキャベツの千切りをしています。

ざく切りでも良いのですが、野菜が嫌いな人もいると思うので、食べやすくするには、スライサーを使ったキャベツの千切りがベストでしょう。

あと、当たり前ですがキャベツを食べるときは、他の食べものと同じように、ガツガツ食べずにゆっくりよくかみましょう。

おすすめキャベツ料理!

キャベツを千切りにして食べるのがベストですが、ではどんな料理方法で、おいしくキャベツを食べられるのでしょうか?

自分がおすすめする料理は、お金の掛からない節約料理としても使えるので、ぜひ一度作って欲しいです。

  1. 1/4くらいのキャベツを、スライサーで千切りにしてお皿に盛る。
  2. 油揚げを細く切って、フライパンでカリカリになるまで焼き、キャベツの上に乗せる。
  3. お好きなドレッシングを掛けてから、キャベツと油揚げを混ぜれば完成。

油揚げを入れるのはタンパク質を欲しかったこと、お値段もかなり安いから使いやすいこと、この2点から選びました。

でも、毎日のように油揚げだと飽きるので、代わりにタマゴ焼きを乗せてもおいしくいただけますよ。

おすすめのドレッシングの作り方

市販のドレッシングを使うのも良いですが、わが家のような貧乏な方は、できるだけ支出を抑えたいと思うで、オリジナルのドレッシングを作るのはどうでしょうか?

簡単なのは、オリーブオイル・お酢・しょう油から作れるドレッシングで、お酢だけをちょっと少なめにして、あとはほぼ同じ分量で大丈夫。

また、オリーブオイルをごま油に変えたり、お酢を自分が以前からご紹介している延命酢に変えたり、味のアクセントにわさびやからし、ゆずコショウなどを入れるのもおすすめです。

ドレッシングが苦手な人は、ふりかけをキャベツの千切りに掛けてもおいしいので、ぜひ一度お試しください。

キシ
夕飯はキャベツの他に、できれば具だくさんのスープ類(豚汁・みそ汁)を取りましょう。あと、キャベツダイエットをしていても、お昼ごはんの食べ過ぎはダメですよ。腹8分目でお願いします。

まとめ

食べ過ぎたり飲み過ぎたりして、正月太りの自覚がある場合は、今すぐにでもダイエットを始めましょう。

のんびりしていると、あっと言う間に脂肪として体に蓄えられてしまい、なかなか痩せられなくなっちゃいますよ。

自分は、正月太りじゃないけど、お正月からダイエットを始めてなんとか2月までには、目標の60kg台の前半になれるようキャベツダイットを頑張ります。

正月太りじゃなくても、キャベツダイエットはとても効果があるので、ぜひ夕食をキャベツにしてダイエットを始めましょう!

最後に、キャベツダイエットは必ずしも万人に効果がある訳ではないので、体調が悪くなったらすぐに止めるようにしてください。

キシ
夕飯をキャベツだけにするなら簡単にできますよね。他の野菜も食べて大丈夫ですが、炭水化物の量が多い、イモ類は食べない方が良いでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 - 健康・美容