40歳を過ぎた独身男のド定番が人生を豊かにする!

独身男のド定番

結果は同じ!人生をやり直すために過去へ戻っても未来は変わらない!

   

悩んでいる男性

誰だって生きていれば1回くらい、人生をやり直したいと思ったことはあるだろうけど、本当にやり直したいですか?

あのときに違う道を選んでいたら、もっと楽しい人生が待っていたかもしれないのに、なんて思っていたらそれは大きな間違い。

過去に戻り人生をやり直せたとしても、今の年齢なったときは、同じことになっているんですよ。

運命とか宿命とかではなく、どんな道を選んだとしても、結局は同じ道にたどり着くのが人生。

それが分かっていても、人生をやり直すために、過去へ戻りたいと思いますか?

誰にだって戻りたい過去はある!

40年も生きていれば、戻りたい過去の一つや二つくらいはありますが、一番に戻りたいのは、やはり大恋愛をしていた頃。

20代後半の年齢的に、結婚を意識していた頃だったので、別れることなく恋愛が続いていたら、結婚していたのかもと思うことはあります。

別れた原因は、すべて自分にあるので、別れることになった決定的な場面に戻れたら、絶対になにもしゃべらないようにしますね。

もし、決定的な場面を回避ができれば、家でパソコンを打ちながら、記事を書いていることはなく、普通にサラリーマンとして働いていたでしょう。

マイホームがあって、奥さんがいて、子どもがいて、普通の幸せな家庭を築きながら、生活をしていたかもしれない人生があると思うと、ちょっと涙が出そうになってしまいます。

奥さんや旦那さんや子どもがいる人なら、もし隣に寝ている人がいなくなったと思うと、寂しいと感じるはずですから。

それとも、うるさいから隣からいなくなって、せいせいすると言うかもしれないけど、隣にいた経験があるからそんなことが言えるんです。

自分の場合は、同棲のママゴトみたいな経験がちょっとあるから、夜寝るときや朝起きるときに、隣に温もりがあるのは幸せだったらか、スゴくうらやましいですよ。

大恋愛をしたことを思い出してしまうと、過去に戻り人生をやり直したいと思うのですが、みなさんにも似たような過去があるのでは?

キシ
もしかしたら、違う選択肢を選んでいれば・・・。誰だって1回くらいは思ったことがあるでしょう。自分の場合は1回では済みませんけどね(笑)。

過去に戻るとこんな危険が待っている!

軽い気持ちではなく、本気で過去に戻って人生をやり直すとしたら、みなさんは本当に過去に戻りたいですか?

もし、戻ってしまったら、今みなさんの周りにいる家族、恋人、旦那、奥さん、子ども、友人、知人が必ずしも今と同じようにいるとは限りません。

テレビで交通事故のニュースを見るときに、よく思うのだけど、人生はちょっと時間がずれただけで、自分が死ぬことだってあるんです。

「ラブストーリーは突然に」じゃないけど、あの日、あのとき、あの場所にいなければ、被害者の方は、交通事故に遭わずに済んだでしょう。

でも、人生のちょっとした時間の積み重ねが、あの日、あのとき、あの場所にいさせてしまうので、もし過去に戻って人生をやり直してら、自分が交通事故の被害者になってしまうかもしれません。

まだケガで済むような交通事故だったら良いけど、死亡事故や殺人事件に巻き込まれるかもしれないし、被害者ではなく加害者になってしまう可能性だってあります。

ちょっとしたことで、人生は変わってしまうから、家族、恋人、旦那、奥さん、子ども、友人、知人とだって、必ず出会えるとは限らない。

前に、女性の友人と過去に戻りたいかと話をしたときに、同じようなことを話したら、それでも全然構わないと言っていたので、それでも良いと思う人もいそうですけど。

また過去に戻れたとしても、一度すれば十分だと思うようなイヤな経験やツラい経験を、もう一度する必要があります。

楽しいことだらけだったら、戻っても良いかもしれないけど、イヤな経験やツラい経験もする必要があるので、それでもみなさんは、過去に戻って人生をやり直したいですか?

キシ
過去に戻っても、同じ人たちと必ず出会えるとは限りません。自分の場合は、良い人たちとたくさん出会えたので、その人たちを失うはイヤですね。

結局は同じことの繰り返しなのが人生!

ちょっとしたことで、人生が変わると言いながら、結局、人生は同じことの繰り返しとは変じゃない?と思っている人がいるかもしれません。

ここで言う「人生は同じことの繰り返し」とは、自分が選ぶことや選ぶ人のこと。

過去に戻ったからと言って、自分の性格や趣向や考え方が変わった訳じゃないから、結局、選ぶことや選ぶ人は、大差がないと思うんです。

例えば、自分の場合、彼女とあのときに別れていなかったとしても、結局はまた同じような場面に遭遇して、別れることになるでしょう。

過去に戻ったとしても、自分の考え方が変わった訳じゃないんだから、また同じことをするだけなんですよ。

ことわざの「三つ子の魂百まで」ではありませんが、経験で人間性を築きが上げることはできても、人間の芯の部分は三つ子の魂百までのまま。

自分では、どうすることもできない不可抗力な出来事は、交通事故のように新しく起こるかもしれないけど、自分が選ぶことや選ぶ人は、同じだったり似たようなことや人を選ぶんです。

結局は、過去に戻ったところで、その場はなんとか変えられたとしても、今の年齢になったら同じような人生を歩んでいるでしょう。

それとも、性格や趣向や考え方が変わって、過去に戻り人生をやり直せば違うことや人を選んで、新しい人生を歩めると思っている人がいるかもしれません。

仮に、違うことや人を違う人を選んだとしても、結局は、同じ人生になっていると自分は思います。

この考え方は、ちょっと悲しすぎるかもしれませんが、人生にたくさんの選択肢があっても選択肢が違うだけで、すべて答えは同じのような気がするからです。

でも、人生は一つしか選べないので、もう一つの箱に違うものが入っていたのかもと思ってしまうけど、そんなことはありません。

もしかしたら、自分の考えは、夢のない悲しい考え方なのかもしれませんけどね。

キシ
自分の場合は、何度、人生をやり直しても、結局は会社を辞めて、今のような仕事を選んでいるのでしょうね。

過去に戻りたい気持ちを処理する方法!

結局、過去に戻って人生をやり直したとしても、今の変わらない人生しか選べないのならば、やり直したい気持ちを、どう処理すれば良いのでしょうか?

答えは簡単で、何度やっても同じことなんだから、今、ここにいる人生が正しいと思うことで、過去に戻りやり直したとしても、だどり着く場所は変わりません。

場所って言っても、住んでいる場所ではなく、今自分がいる位置と言った方が良いのかもしれないけど、社長になてっていることもないし、大金持ちになっていることもない。

過去に戻っても戻らなくても、同じことか似たようなことしか選ばないんだから、過去に戻って同じことの繰り返しだと思いましょう。

自分ですべて選んで来たのだから、決して間違いはないはずだし、仮に間違っていたとしても、反対側の選択肢も間違っているので結局は同じ。

人生では正しい答えだけでなく、間違った答えだって必要なんだから、それを教えてもらえたのだと思って、感謝をすれば良いんです。

同じことの繰り返しなら、出会いだって同じではと思ってしまいますが、出会いはタイミングで、ちょっとの時間のズレで出会えないこともあります。

出会いは交通事故みたいなものだから、人生をやり直して違う時間を歩んでしまえば、会えていないかもしれませんから。

自分の周りの環境や人は、選んできた中で最良のことや人たちのはずなので、失わないように大切にするようにしましょう。

キシ
話に矛盾しているところがあるかもしれないけど、人生は過去に戻ってやり直さない方が、絶対に良いってことです。それよりも、今の自分の周りにあること、もの、人を大切にしましょう。

まとめ

今回ご紹介した結果は同じ!人生をやり直すために過去へ戻っても未来は変わらない!はどうでしたか?

ちょっと矛盾した部分があるかもしれないけど、過去に戻って人生をやり直しても、結局は同じことだから今の人生がベストです。

自分が選んで手にしていることや周りにいてくれる人たちだから、間違ってはいないだろうし、みんな素晴らしいことや人たちのはずですから。

それとも、みなさんは、間違ったことや人を選ぶような人間ですか?

過去は変えられませんが、未来ならいくらだって変えられるので、これからもベストな人生が歩めるように、前を向いて歩いてください。

でも、ときどきは横を向いたり、後ろを振り向くのも必要だとは思いますが、本気で過去に戻りたいとは思わないように。

そんなことを思っていると、過去にとらわれて今の自分を見失ってしまい、大切なものや人を失ってしまうかもしれませんよ。

キシ
結局、過去に戻ってやり直しても似たような場所にたどり着くのが人生。確かめようがないけど、自分はそう思って生きるようにしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 - 独身40代イズム