40歳を過ぎた独身男のド定番が人生を豊かにする!

独身男のド定番

デザイン性と耐久性で家具を買うならIKEAとニトリのどちらがド定番?

      2017/06/18

IKEA

オシャレな家具と言えば北欧生まれのIKEAで、今や都内だけではなく東京の郊外にまで進出して、若い世代に人気です。

デザイン性では、ニトリのような大手量販店をだいぶ引き離して独走状態ですが、耐久性の方はどうなのでしょうか?

実は、IKEAの家具が壊れやすいと言うウワサが出ているので、IKEAとニトリのどっちの家具が良いのかを、実際に見たり使ったりして検証します。

IKEAのウワサが本当なら、デザインはイマイチだけど、耐久性の高いと言われるニトリにチェンジした方が良いのかも。

果たしてIKEAの家具に、耐久性はあるのでしょうか?そして、お値段以上のニトリの方が、家具を買う場合は良いのでしょうか?

きっかけはこのツイートでした!

IKEAの家具が壊れやすいと、以前からウワサにはなっていたのですが、実際はどうなのか分かりませんでした。

そんなときに、ある人が引っ越しをする際に業者から言われたことツイートをして、ウサワが本当だったことを証明してしまいました。

「IKEAの家具ってめちゃくちゃ壊れやすい」「バラして持っていっても引越し先で組立られないくらい強度がなくて…」との答えが返ってきたそうで、補償の対象外である旨も伝えられたそうだ。

引用:IKEAの家具を引っ越し業者が敬遠? 「強度がない」というツイートが話題に
URL:http://news.livedoor.com/article/detail/11167381/

このニュースがきっかけで、IKEAの家具に強度がないとウワサになったのですが、記事の内容を読むと、引っ越しの見積もりを取ったらこんなことを聞かれたそうです。

「IKEAの家具はお持ちですか?」

どのような家具を持っているのかを、聞かれたのかと思っていたら、そうではなかったらしいです。

「IKEAの家具は壊れやすいので、保証の対象外にさせていただいてます。」

まさか、今若者に大人気のIKEAの家具が、保証の対象外になるとは驚きです。

では、どうして保証の対象外になるのかを聞いてみたら、「一度バラしてしまうと、再び組み立てられないくらい強度がない」と言う答えが返ってきたのです。

最近は、日本全国で地震が頻繁に起きているので、壊れやすいIKEAの家具を置いていたら、地震の時に壊れて大変なことになってしまうのでは?

デザインならIKEAの方が断トツに良いのでしょうが、地震や移動のときに壊れてしまうのなら、何度も買い直すハメになりそうです。

キシ
値段が安い家具は壊れやすい、良い家具は壊れにくいけど値段が高い。当たり前のことなんだけど、一挙両得のような家具があると助かるんですけどね。

どうしてIKEAの家具に強度がないのか?

若い世代には大人気だけど、引っ越しをする業者さんからは、全く人気がないことが分かってしまったIKEAの家具。

でも、決してすぐに壊れてしまう家具と言う訳ではなく、問題なのはIKEAの家具が、日本製の家具のように安全設計をしていないからだそうです。

日本の家具は、製造物責任法(PL法)の観点から、強度や耐久性を重視して設計をしてます。

北欧生まれのIKEAの場合は、ある程度の強度は会社として設定しているはずですが、日本製よりその設定の度合いが低いから壊れやすいのではないでしょうか。

そもそも、IKEAは一度組み立てた家具を、バラして再び組み立てるとは考えて設計されていないみたいです。

また組み立ての際は、ネジで留めるのではなく接着剤で留めることが多いので、再び組み立てるには不向きです。

正直、接着剤で家具を留めたら、地震ですぐに倒れちゃいそうな気がするのですが、IKEAの家具を使っている人は、東日本大震災や熊本地震のときにどうだったのでしょうか?

それとこの前、IKEAに初めて行ったのですが、ネジがたくさんセットで売っていたのは、自分で家具を補強しろってことなのかもしれませんね。

そう言えば日本テレビの「ヒルナンデス」で、オードリーの春日さんがIKEAのイスに激しく揺さぶって座っていたら、見事に壊してしまいました。

あんなに激しく体を動かしてイスに座ることないでしょうが、見事の壊れてしまったシーンを見てしまうと、IKEAの家具の安全性を疑ってしまいます。

キシ
周りにIKEAの家具を持っている人がいないので、実際のところは分かりませんが、オードリーの春日さんの映像を見た人は、IKEAの家具はダメだと思った人は多いでしょうね。

実際にニトリのイスを買ってみた!

「お値段以上」と言っている、ニトリの家具の安全性や耐久性は、IKEAに比べてどうなのでしょうか?

以前は日本工業規格(JIS)の検査方法に、合格した製品だけを取り扱っていたらしいですが、最近になって「品質業務改革室」を立ち上げて品質改革を行ったそうです。

これがIKEAよりも、ニトリの方が強度や耐久性が、高いと言われるゆえんでしょうが、いろいろ言ってもやはり実際に買わないことには、本当かどうかは分かりません。

そこでニトリのネット通販から、実際にイスを買ったのですが、「お値段以上」と言っていた通りの結果で驚きました。

ニトリのアウトレットで買ったハイバックのイス!

ニトリのイス

ニトリにしては、シンプルでカッコいいデザインだったから、一目ぼれをしてニトリのネット通販で上記のイスを購入しました。

画像のようなハイバックのイスは、背もたれの強度が一番重要ですが、イスに座ってもたれても全く問題なかったんです。

さらに自分が買ったハイバックのイスは、キズが付いているアウトレット品だったのですが、よく下の画像を見てください。

イスのキズが分からないのに安く購入できる!

イスの傷

キズが付いていると書いてあったのに、画像を見てもどこにキズが付いているか、全く分かりませんよね?

どこにキズがあるか分からないのに、アウトレット品として定価よりも安く販売しているなら、IKEAよりもニトリの方が良いです。

購入してから半年以上が経過をしていますが、座り心地も問題ありませんし、ハイバックの部分も特に異常はありません。

デザインさえ良ければ、自分はIKEAよりもニトリの方が良いと思うのですが、みなさんはどうでしょうか?

キシ
このハイバックのイスは1万以下で買えたのですが、このくらいの値段でこのデザインならニトリでも十分ではないでしょうか?

実際にIKEAの立川店へ行ってみた!

IKEA立川店

ニトリの家具は実際に使って良い商品だと分かったので、今度は実際に触って確認したいから、一番近くにあるIKEAの立川店へ行ってきました。

展示されている家具を手に取ったり、実際に座ったりしたのですが、金額と比較すれば全くお得感は感じなかったです。

さらに家具を直接たたくと分かるのですが、かなり軽い音がするので、ハリボテのような感じがして、耐久性を期待できそうにありません。

デザインだけならニトリよりも、IKEAの方が上なことが分かりましたが、耐久性では予想通りにニトリの勝ちでしょうね。

あと、IKEAの店内を歩いて思ったのが、かなり若いカップルが多かったので、オシャレに敏感な若い人が同棲や結婚の際にIKEAの家具を買うのかもしれません。

デザインの他でIKEAがニトリに勝っているところ!

IKEA立川店のカフェ

IKEAの店内はとても広くて、かなり疲れてしまったのですが、なんと途中にレストランがあって休めるんです。

リラックスできるソファーもあって、のんびり座って休めるから、デザインの他でIKEAがニトリに勝てるのはこの部分。

レストランへ入って一番に驚いたのが、なんとわずか120円を払えばドリンクバーを楽しめるから、これはかなり「お値段以上」です。

自分は食べませんでしたが、他のメニューもかなり安いし、レジのあとに買えるソフトクリームやホットドックも、格安でビックリしました。

レストランの部分はIKEAの勝ちですが、家具を買うならニトリなので、IKEAは流行している家具や家具のレイアウトを見る程度で良いのではないでしょうか。

キシ
IKEAは、店内で散歩している気分になるくらいの広さでした。あんなに広いと、途中で戻るのも一苦労だし、どこになにが置いてあったのかも忘れてしまいます。

まとめ

今回ご紹介したデザイン性と耐久性で家具を買うならIKEAとニトリのどちらがド定番?はどうでしたか?

耐久性ならニトリでデザインならIKEAですが、ときどきニトリでもデザイン性がある家具があるので、ド定番なのはニトリではないでしょうか。

ただし、ある程度のお金を持っていたらニトリやIKEAではなく、東京インテリアや大塚家具で家具を買いますけどね。

実は以前からテレビラックが欲しかったので、ニトリやIKEAで探していたのですが、結局は要らない木をもらい作ってしまいました。

もしかしたら、ニトリで設計をIKEAでデザインを学び、最終的に自分でDIYをして家具を作るのがド定番だったりすのかも。

家具は決して安くないし、捨てるのもお金が掛かるので、購入の失敗がないように、自分の目と体でしっかりと確かめてから購入しましょう。

キシ
最近は、DIYがはやっているので、ニトリやIKEAで買った家具を自分でリメイクするのもありですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 - ライフスタイル