40歳を過ぎた独身男のド定番が人生を豊かにする!

独身男のド定番

一人でも大丈夫!ハチを駆除する方法と巣を作らせないための方法!

      2017/07/10

ハチの巣

田舎は暑い季節になると、家の周りをブンブンと羽の音を響かせてハチが飛んでおり、ふと気が付くとハチの巣を作られていることがあります。

スズメバチの場合は危険性が高いので、専門業者や自治体にお願いして駆除した方が良いですが、アシナガバチぐらいだったら一人でも駆除は可能。

そこで今回は、一人でも簡単にハチを駆除する方法と、ハチの巣を作らせない方法を合わせてご紹介します。

巣の近くで騒いだり近づかなければ、ハチの危険性は低いけど刺されたら大変なので、巣を作る前に一人で駆除してください。

一人でハチを駆除するのが怖いかもしれないけど、しっかり方法を守れば大丈夫なので、スズメバチのようなハチ以外は一人で頑張りましょう。

ハチはどんな場所に巣を作るのか?

家の軒先

ハチが巣を作るのは、雨風がしのげる場所だったらどこでも作るらしく、最近では都会でもスズメバチが巣を作るそうです。

一軒家の場合は雨風がしのげる軒下に作られることが多く、アパートやマンションの場合は、ベランダに作られることが多いでしょう。

さらに、ハチは同じ場所に巣を作る傾向があるらしいのですが、それはハチが雨風がしのげることを分かっているから、同じ場所に作るそうです。

他には、あまり人が頻繁に通らない場所、雨風がしのげる大きな木、雨戸を入れる戸袋などが、ハチの巣を作られやすい場所。

ハチの駆除を専門としている業者を特集した番組を見ると、あまり管理がされていない静かな空き家の周りで、ハチが巣を作っていることもあります。

自分の家にハチが巣を作りやすい場所がなくても、近所に空き家がある場合は、ハチが巣を作っている可能性もあるので注意が必要です。

空き家でハチが巣を作っていて、ハチが頻繁に飛んでいるときは、刺される前に家主さんへ頼んで駆除してもらいましょう。

ハチが巣を作る場所!
  • 雨風がしのげる軒下が一番にハチが巣を作ることが多い。
  • マンションの場合はベランダにも注意が必要。
  • 以前にもハチが巣を作った場所も多い。
  • 他には人の気配がない場所、雨風がしのげる大きな木、雨戸を入れる戸袋など。
  • 自分の家ではなく管理をあまりしていない周りが静かな空き家。
キシ
昔から、高いところにハチが巣を作ると雨が少なくて、低いところに巣を作ると雨が多いと言うそうですが、みなさんは、この話を聞いたことがありますか?

ハチが巣を作らないようにチェック!

指さし確認をする女性

ハチが知らぬ間に巣を作っていることが多いので、前述のような場所が家にある場合は、定期的なチェックが必要です。

一人での見回りは面倒かもしれませんが、ハチに巣を作られたら大変なので、危険な場所を1日1回くらいはチェックした方が良いでしょう。

わが家の場合は草木に水やりをする際に、軒下などハチが巣を作っていないかチェックするので、時間帯は基本的に朝です。

ハチは暖かいと活動が活発になるらしいので、できるだけ涼しい時間帯にハチを見つければ、駆除するのも簡単ではないでしょうか。

あとハチが巣を作る前は、必ず偵察をしているので、家の周りでブンブンとハチが飛ぶ音がしたら、どこにいるかをチェックすることも必要です。

ハチが何匹も集まってからでは、駆除するのも大変だし駆除する際に危険性も伴うので、1匹ぐらいしかいないときに駆除した方が安全。

大きいハチの巣ができていると、サイズによっては業者や自治体へ駆除のお願いをすることになるので、そうならないためにもハチが巣を作りそうな場所は重点的にチェックしてください。

チェックする際のポイント!
  • できるだけ1日1回くらいはハチが巣を作りそうな場所をチェック!
  • チェックする時間帯はハチが活発になっていない朝方がおすすめ!
  • ハチは巣を作る前に偵察するので飛ぶ音が聞こえないかをチェック!
キシ
ハチの巣が大きくなる前に発見すれば、駆除も簡単なので、毎日チェックすることが大切です。

ハチを見つけたら殺虫剤で駆除!

昔だったら、ハチの巣を見つけたら棒でたたき落としたり、ハチの巣に水を掛けたりして、ハチの駆除をしたことがありませんか?

でも、この方法は刺される危険性も高いし、ご近所さんにも迷惑が掛かってしまうので、一人で駆除するなら殺虫剤を使うのがベストです。

駆除に殺虫剤は、どのご家庭にも1本ぐらいは持っているであろうキンチョールを使っても良いですが、かなり噴射しないとなかなかハチを駆除できません。

さらにキンチョールの場合は、ハチやハチの巣に近寄らないと殺虫剤が届かないので、刺されてしまう危険性もあります。

そこでおすすめしたい殺虫剤が、わが家でも使っている『ハチ・アブダブルジェット 450ml』で、最大11m先のハチを駆除できるので刺される心配はありません。

さらに『ハチ・アブダブルジェット 450ml』は、ハチの巣作りを防止する効果もあるので、危険な場所に噴射すれば安心です。

キンチョールよりもお値段は高いですが、ハチをしっかり駆除するためには、ハチ専用の殺虫剤を買うことをおすすめします。

ハチを駆除する方法!
  • ハチの巣を棒でたたいたり水を掛けたりするのはダメ!
  • キンチョールがある場合はとりあえず噴射して駆除する!
  • ベストはハチ専用の殺虫剤で巣ごとハチを駆除する!
  • おすすめの殺虫剤は『ハチ・アブダブルジェット 450ml』
キシ
『ハチ・アブダブルジェット 450ml』の効果は絶大です。キンチョールとは、比べものにならない威力です。

ハチを駆除するときの服装!

田舎の青年

家の周りでハチを見つけたら、速やかに殺虫剤を使って駆除をするのが、ハチに巣を作らせないためにも重要です。

前述でご紹介した強力な殺虫剤を使えば、あっと言う間にハチを駆除ができるので安心だけど、気を付けて欲しいのがその際の服装。

絶対に守って欲しいのが、ハチは巣を攻撃されて怒っているので、殺虫剤が届かなかったハチに刺される危険性があるから肌を露出しないことです。

特に気温が高いときは、長袖長ズボンになるのが面倒だから、肌を露出した状態でハチを駆除したくなるけど、危険なので絶対にダメ。

服の色は昔から言われいるように、ハチの天敵である熊の色に似ている黒が最も危険らしいので、真逆の白い服を着るようにしましょう。

白ではなく赤や青はどうかですが、ミツバチを除いた他のハチは、モノクロでしか色が分からないので、できるだけ白に近い色の服を着た方が良いそうです。

長袖長ズボンを着ていても、首の周りや顔や頭が露出いているので、帽子を被ったりタオルを巻いたり、念のために虫よけスプレーを体中に噴射して駆除を行ってください。

ハチを駆除するときの服装!
  • 肌を露出すると危険なので長袖長ズボンにする。
  • 服の色はできるだけ白に近い色にする。
  • 顔・頭・首の周りなども刺される危険があるのでしっかり隠す。
  • 念のために防虫スプレーを体中に掛ける。
キシ
農作業をするような格好が、ハチを駆除する際に、ピッタリの服装かもしれませんね。

ハチ避けに効果があるかもしれないハーブ!

ローズマリー

前述でご紹介した殺虫剤の『ハチ・アブダブルジェット 450ml』にも、ハチ避けの効果がありますが、ちょっとお値段が高いから経済的ではありません。

他には、防虫効果のある虫コナーズをつるしたり、蚊取り線香を付けたり、キンチョールなどの安い殺虫剤を定期的にまいたりするなども効果があるそうです。

どれも効果はありますが、ハチが巣を作りそうな場所が何個もあると、お金も手間も掛かってしまうので、もっと手軽な方法を探したいところ。

そこで目を付けたのが、わが家の庭で栽培しているハーブのローズマリーで、香りが虫よけに効果があるらしいんです。

殺虫剤などは、化学薬品を使っているから気になる人もいるでしょうが、ハーブならを人体に影響がないので、安心してハチ避けに使えます。

使い方としては、ローズマリーを3本ぐらいを束ねてから、ハチが巣を作りそうな場所につるすと、効果があるのではないでしょうか。

他に虫よけの効果があるハーブは、ペパーミント、ゼラニウム、カモミールなどがあるので、ご自宅の庭にあったら虫よけに使うことをおすすめします。

ハチ避けに効果がある方法!
  • ハチの巣を作らせない効果のある『ハチ・アブダブルジェット 450ml』をまく。
  • 虫コナーズをつるしたり、蚊取り線香を炊いたり、安い殺虫剤をまく。
  • ハーブにも虫よけ効果があり、ローズマリー、ペパーミント、ゼラニウム、カモミールなどを、ハチが巣を作りそうな場所につるす。

 

キシ
一人暮らしの人だったら、ハーブを育てるのは大変だから、普通に防虫効果のある製品を使った方が良いでしょう。

まとめ

今回ご紹介した一人でも大丈夫!ハチを駆除する方法と巣を作らせないための方法!はどうでしたか?

田舎でも都会でもハチが巣を作るので、危険な場所があったら定期的にチェックして、ハチを見つけたときはすぐに駆除しましょう。

ハチの種類によって違いますが、だいたい3月から11月くらいまで活動期があるので、寒くなって来ても油断は禁物です。

特に夏から秋に掛けては、スズメバヂやアシナガバチなどが攻撃的になる時期なので、駆除する際はできるだけ慎重に行ってください。

ハチの数が多かったり、ハチの巣が大きい場合は、一人で駆除するのは危険なので、その場合は専門業者や自治体にお願いすることをおすすめします。

キシ
ハチを見たら、すぐに駆除するのが巣を作らせないためには重要。いつでも殺虫剤を使えるように、いろいろな場所へ殺虫剤を置くのが良さそうです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 - ライフハック