40歳を過ぎた独身男のド定番が人生を豊かにする!

独身男のド定番

40代から注意した方が良い5つの病気や症状を予防や改善する方法!

      2017/07/08

注意喚起する女医

まだまだ40代だから、健康に気を付ける必要はない!なんて思っている40代の方は、大きな間違いなので今すぐに考え方を改めましょう。

40代になれば、若い頃と違い体にガタが出始める頃だから、今のうちからしっかりと予防しないと、慢性化してしまい長い付き合いになってしまうかも。

そこで今回は、40代から注意した方が良い病気や症状と、予防や改善する方法をご紹介します。

自覚症状がなくても、40代からは病気になったり症状が出たりする可能性があるので、大丈夫な人でも予防は心掛けてください。

ただし、自己判断が危険な場合もあるので、あまりにも病気や症状が緩和されない場合は、必ず病院へ行って診察してもらいましょう。

夜になってもなかなか眠れない症状!

不眠症の男性

若い頃はすぐに眠ることができたのに、40代ぐらいになってから、なかなか眠れなかったり、眠っても途中で目が覚めてしまったりした経験はありませんか?

上手に眠れないと、眠気や疲れが翌日に残ってしまい、仕事で良いパフォーマンスを発揮できなくなるので早く治した方が良いでしょう。

1つ目にご紹介する病気や症状は、眠れなくなったり途中で目が覚めてしまう「不眠症」で、40歳になると睡眠の質がかなり低下すると言われています。

不眠症の原因!

ストレス、加齢、不安や抗うつなど精神的なもの、アルコール、たばこ、カフェイン、不規則な生活などが上げられます。

眠りたいのに眠れないのは、とてもツラい状態で肉体的にも精神的にもヤラれてしまうので、症状が悪化しないよに予防と改善が必要。

市販の睡眠薬や睡眠導入剤を飲むのも良いですが、薬には副作用があるので、できれば薬に頼らない方が良いでしょう。

睡眠に関しては、過去の記事で対策をご紹介しておりにすれば予防や改善ができるので、気になる方は参考にしてください。

キシ
不眠症は慢性化するとかなりツラいです。眠れないと翌日に疲れが残ったり、眠れなくてふあんになったり

胃酸が逆流して食道が炎症をする病気!

胃痛で苦しんでいる男性

40代になってから、寝る際や食事のあと体を横にしたとき、食道がチクチクと痛くなったり、胸が焼けるように痛くなったり胃痛が出たりした経験はありませんか?

頻繁に症状が出ていなければ、過度の心配の必要はないでしょうが、思いのほか上記の症状が出ていると思ったら注意してください。

2つ目にご紹介する病気や症状は、胃酸が逆流することで食道が炎症をしてしまう「逆流性食道炎」で、40代になったら気を付けた方が良い病気の1つでもあります。

逆流性食道炎の原因

ストレス、加齢、アルコールや脂っこい食事などの摂取、食べ過ぎや飲み過ぎ、猫背、肥満などが上げられます。

40代ぐらいになれば、逆流性食道炎の原因が気になると思うので、加齢は難しいけど、あとは自分で防げるから予防や改善はできます。

アルコールや脂っこい食事を控える、食べ過ぎや飲み過ぎをしない、肥満解消のために適度な運動するなどの対策を取りましょう。

でも、その前に逆流性食道炎のような症状が出た場合は、必ず病院へ行き胃カメラの検査をすることをおすすめします。

キシ
逆流性食道炎は、完治しても再発しやすい病気だと言われているので、慢性化しないためにも、日頃から食事には気を付けた方が良いでしょう。

長時間ずっと同じ姿勢でいるのがツラい症状!

仕事中のサラリーマンとOL
デスクワークの人は、1日中ずっとイスに座りっ放しで体中が痛くなった経験があるでしょうが、40代になってから顕著ではありませんか?

特にパソコンを使っているデスクワークは、姿勢も悪くなってしまうので、体だけではなく目も痛くなってしまうことがあるでしょう。

3つ目にご紹介する病気や症状は、1日中ずっと同じ姿勢でいることが原因で起こる「腰痛や肩こり」で、慢性化してしまう可能性が高いので注意が必要です。

腰痛や肩こりの原因!

加齢から来る体力の低下、肥満、ストレス、急な運動、デスクワーク、目の疲れ、悪い姿勢などが上げられます。

急な運動が原因だったら、それほど問題ではないけど、あとの場合が原因だとすぐには改善されないので、しっかり予防が必要。

デスクワークや悪い姿勢が原因なら、1時間に1回ぐらいは席を立って、軽いストレッチや歩くことを心掛けてください。

あまりにもヒドい場合は、マッサージを受けるのが良いですが、根本的な治療ではないので、やはり普段の生活を見直した方が良いでしょう。

キシ
腰痛や肩こりは慢性化しやすい症状です。一度なってしまうと、簡単には治らないので、日頃の姿勢に注意するのが最善の予防方法です。

階段を上がっているときに息切れをする症状!

普段はエスカレーターやエレベーターを使っている人が、急に階段を使って上がると、息切れをしてしまうことはありませんか?

特に、階段を上がりながら体が重く感じた人は早く対処をしないと、階段を上がるのが厳しくなってしまうで注意が必要。

4つ目にご紹介する病気や症状は、運動不足や食べ過ぎた原因で起こる「肥満症」で、悪化すると他の病気になってしまう場合もあるから危険です。

肥満症の原因!

加齢による基礎代謝の低下、運動不足、食べ過ぎや飲み過ぎ、遺伝などが上げられます。

遺伝の場合は仕方がありませんが、あとが原因の場合はどれも自分次第なので、すぐに予防して肥満を改善しましょう。

40代にもなると、若い頃のようなに食べたものを上手に代謝ができないので、今までのような食事では肥満になってしまいますよ。

肥満症の予防は、適度な運動と食べ過ぎに注意で、すでに肥満症の場合はダイエットが必要なので、過去の記事を参考にしてください。

キシ
肥満症は、他の病気の原因にもなるので、気になったらすぐに対策や予防をしましょう。ただし、急激にやるのは、ケガやリバウンドの危険があるので、ゆっくり行ってください。

いろいろ病の原因になる一番に危険な病気!

病院の先生

40代になると、会社の定期検診や自治体や病院で自ら行う健康診断の結果の項目が、正常値よりも高くなっていることはありませんか?

正常値よりもちょっとだけ高く、検査結果の際に特になにも言われなかったとしても、今のままの生活をしていると再検査になる場合もあるでしょう。

最後にご紹介する5つ目の病気や症状は、現代の病として一番に気を付けて欲しい「生活習慣病」で、特に40代からは注意が必要です。

生活習慣病の原因!

食べ過ぎや飲み過ぎ、運動不足・アルコール・タバコ・睡眠不足・ストレスなどが上げられます。

生活習慣病とは、生活習慣の積み重なりが原因でおこる病気の総称して呼び、心筋梗塞、脳梗塞、糖尿病、高血圧、脂質異常症、肥満、がんなどの病気が含まれます。

名前の通り生活の習慣が原因なので、食べ過ぎない、飲み過ぎない、適度な運動、ストレスをためないなど予防してください。

特に肥満の自覚がある人は、生活習慣病になる可能性が高いので、以前の記事を参考にすぐダイエットを始めて改善しましょう。

キシ
生活習慣病は、本当に怖い病気なのです。定期検診や健康診断が大丈夫な人でも、日頃から食べ過ぎや運動不足に注意して、生活するようにしましょう。

まとめ

今回ご紹介した40代から慢性化しやすい病気や症状を予防と対策する方法!はどうでしたか?

どの病気や症状も、日頃から規則正しい食生活や運動をしていれば、基本的には大丈夫なので40代から心掛けるようにしましょう。

若い世代の人は、まだ大丈夫ではなく、今のうちから予防や改善しておけば、40代になっても安心なので「転ばぬ先のつえ」として参考にしてください。

特に太っている自覚がある人は、上記でご紹介した病気や症状が出やすく慢性化もしやすいので、今すぐにでもダイエットを始めた方が良いです。

40代は、まだまだ若いと思いたい気持ちは分かりますが、すでに人生の折り返しを過ぎているので、自分の健康に過信をせず日頃から注意して過ごしましょう。

キシ
健康はとても大切。病気になっったら、いろいろと制限ができて大変ですからね。症状が出る前に、ヤバいと思ったら予防しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 - 健康・美容